楽器文庫

ギターやドラムなど楽器に関わる記事をつらつら書いています!

スネアドラムのパーツを覚えて上級者に?! ドラムを始めたら名前を覚えよう!

 

 

ドラムっていくつものパーツで構成されているんですが、

その各名称はご存知ですか??

 

スネアドラムも単純な構造に見えて、いろいろなパーツがついています!

ギターと比べると少なくて覚えやすいですが笑(小声)

 

各パーツの名称を覚えといて損はないです!!

破損したときに「あそこの部分が~」というより、

「○○ってパーツが~」のほうが百億倍伝わります!!

何より、できる感が出ますよね!笑

 

そしてその細かなパーツの名称と役割を簡単にまとめてみました!

これで、もうパーツ名称は完璧です!!

 

目次

 

f:id:ame_fure:20190924105558j:plain

 

 

スネアドラム

 

f:id:ame_fure:20190923212952j:plain

各名称

 

ざっとこんな感じです!

こうみると、多いですね。。。

 

1つずつ紹介していきますね!!

 

まずスネアドラムって??って方はこちら←クリック!

 

シェル

シェルは、ドラムの本体で、『胴』などとも呼ばれます!

 

大きく分けて、木製』(ウッド)か、金属製』(メタル)の2種類があります。

そう実は、金属製もあるんですね!

 

メタル・スネアは、パワーがあり、明るく大きな音が出ます。

金属製なので、湿気の影響を受けないですが、

しっかり、使用後に拭いてあげないと、錆びついてしまうこともあります。

 

ウッド・スネアは、暖かく、落ち着いた音色が特徴的です。

湿気に弱いところもありますが、使用していくうちに、

木が乾燥して音がよくなっていきます。

 

 

ヘッド

実はスネアドラムのヘッドは表(バターサイド)裏(スネアサイド)

の両方に貼られています!

 

バターサイドのほうが打面になります。

スネアサイドは、後に出てくるスナッピーを鳴らす役割があります。

結構大事な役割を持っているんですね!

 

その昔は、和太鼓のように、本革で作られていたヘッドですが、

今はプラスティックで作られているのがほとんどです。

 

価格面や加工にしやすさなどから、プラスティックに代わり、

一気に、流通していきました。

 

ボンゴ(打楽器)などでは、皮のヘッドをまだよく使われています!

でも、自分で張るのは大変で、水でふやかしたりしながら張るそうです。。

f:id:ame_fure:20190924105628j:plain

ボンゴ

 

フープ(リム)

これは、シェルと、ヘッドの周りを抑えるものです!

これにも、木製や、金属製があり、

穴が開いており、次に出てくるテンションボルトで固定します。

(穴は8~10個ほど)

 

フープ自体も振動体となるため、音に大きく影響を与えるものの一つなのです!

 

また、オープン・リム・ショットという

リム本体と打面の真ん中を同時に叩く演奏法などがあり、

抑えるだけでなくいろいろな役割を持っているのがフープなんです!!

 

ラグ

シェルにネジで固定してあり、

テンションボルトを固定するための受けの部分です。

 

上下合わせて、テンションボルトを止める数分周りについています。

 

 

テンションボルト(チューニングボルト)

フープを固定する役割を持っていて、フープの抑え具合(ヘッドの張り具合)

を調整できるためテンションボルトをいじり、チューニングをします。

 

『チューニングキー』という専用の形をした工具で、調整します。

各メーカーからたくさん出ていますが、共通して使えます。

 

太さは各メーカーほぼほぼ共通ですが、

長さはシェルの大きさによって異なります。

 

スナッピー

響き線と呼ばれるスネアドラムのみに搭載されたパーツです。

スネアドラム特有の音は、このスナッピーがあるからこそ生み出されます!!

 

裏面のヘッドに密着させることで、ヘッドの振動がスナッピーへと伝わります。

 

実はこのスナッピーはオンオフが可能

それを可能にするのが、次に紹介するパーツです。

 

ストレイナー

 

f:id:ame_fure:20190924105922j:plain

ストレイナー

 

裏面にスナッピーを押し当てて、張り具合を調整するパーツです。

オンオフの切り替えも可能な優れものです!(仕組みは、メーカーによって異なります)

 

スナッピーは2カ所で固定し、オンオフのある方を『ストレイナー』

反対側の固定するためだけのほう『バット』と呼びます

 

ベントホール

 これはいわゆる空気穴です。

シェル内の空気を外に逃がすために開けられた穴のことを差します。

 

シェル内の空気の流れを調整でき、

ないとヘッドやシェルの振動が妨げられてしまいます。

 

スネアドラムはベントホールの周りに、ほかのドラムはシェルに

よく各メーカーのロゴが入っています。

それを『バッチ』と呼びます

f:id:ame_fure:20190924110809j:plain

TAMAロゴバッチ

 

 

終わりに・・・

他のシェル物ともパーツの名称は、同じなものが多いですが、

またそれぞれに特徴があり、特有のパーツもまた存在します。

 

ドラムを始めるなら基礎も覚えていくといろいろなところで役立ちます!

 

 

 

 

www.ame-fure.com