楽器文庫

ギターやドラム、アーティストなど音楽に纏わる記事を書いています!

ギタースケールの長さによってフレットの数は変わるの?!

 

ギターをやっているとスケール又は弦長と聞くことはありませんか?

このスケール実は、結構勘違いしている方が多いんです!

今回はギターやベースの『スケール(弦長)』がどこからどこまでを表していて、どんな役割があるのでしょうか?

 

目次

 

 

スケール(弦長)とはどこからどこまで?

 

まず大前提にギターは『ヘッド』『ネック』『ボディ』3つに部品に分かれて構成されています!

 

その中でも『スケール(弦長)』と呼ばれる部分は、

ギターネックの『ナット(0フレ)』から

ギターボディの『ブリッジ』までのことを差します。

 

いいですか?『ナットからブリッジまで』なんです!

☟ナットやブリッジが分からない方はこの画像を見て下さい!

ギター各部名称早見表

ナットやブリッジを含むギター各部名称

勘違いしやすいのですが、

スケール(弦長)にはヘッドの部分は含まないのです!!

 

なぜかというと弦のテンション(張力)はブリッジとナットに大きくかかっています。

極端に言うとヘッドの部分は弦を固定するだけで、ナットの部分から弦があるとイメージするとスケールの意味が分かりやすいと思います!

 

f:id:ame_fure:20190912215045j:plain
 

そしてフレットには1フレットから22フレットだったり24フレットだったりがありますよね。その中に実は『0フレット』と言うのが存在します!

0フレットは銀の棒ではなく、0フレ=『ナット』なんです!

 

開放弦(弦をどこも抑えずに弾くこと)を弾いた時にも、一定の音が出ますよね!

それはナットの所で弦が固定されているからです!

つまりナットが常に指の代わりに0フレット目を抑えてくれているんですね!

 

ナットが0フレなのは分かったけど、どう関係してくるのでしょうか?

 

それはスケールが音に影響を及ぼす範囲のことを差しているからです!

ペグとナットの間の弦のところは抑えても音は変わりませんよね!

 

『弦長』と聞くと弦の長さをイメージしてしまいますが、音に影響する弦の長さと捉えるとブリッジからナットまでになるのを何となく理解しやすいんじゃないでしょうか?

 

 『スケール(弦長)とはどこからどこまで?』のまとめ

  • スケールとはナットからブリッジまでに弦の長さ
  • ヘッドは含まない
  • 0フレット=ナット
  • 弦のテンションはナットとブリッジ部分に大きくかかっている

 

※ヘッド(ペグも)は固定しているだけと言いましたがあくまでイメージとしてです!

☞ギターペグの仕組みと役割とは?

 

スケールが違うと何が変わるのか

 

スケールが長いほど、

弦のテンション(張り)は高くなり、ハリのある硬めの音

スケールが短いほど

弦のテンションは低くなり、ハリの柔らかい音になります!

 

弦のテンションが変われば、押弦の感覚や、音、

チョーキング(押弦した際に、弦を引っ張り、音程を無段階に挙げる奏法)の力具合も変わって来ます。

【テンションが高いメリットデメリット】

テンションが高いと、押弦時の音程が安定しやすくなりますがテンションが高いことで張りが強いので、抑えるのに力が必要になります。

【テンションが低いメリットデメリット】

高い場合の逆で、押弦時の音程は少し不安定になってしまいますが、軽い力で押さえることができるのでフィンガリング(左手の指捌き)がしやすくなります 。

 

またスケールが長い方がフレットとフレットとの間隔が広くなり、

ハイポジション(ネックのブリッジ側のフレットの方)が弾きやすくなります!

スケールが短いとハイポジションの間隔も狭くなってしまい、指で押さえにくくなってしまいます。

 

スケールにたくさん長さがある理由

ギターやベースに使われているスケールには後述していますがいろんな長さがあります。

なぜ、様々な長さが必要なのか?

 

それは出したい音程が様々だからです!

 

スケールは短ければ短いほど、音程が高くなっていきます

短めのスケールで、低音を出そうとするにはより太い弦を使うか、弦を緩めないといけません。

しかし太い弦を張っても、短いスケールではちゃんとした音に持っていこうとするとゆるゆるになってしまうのです。

 

そこで、より低音を安定して出すためにスケールの長さを長くしたのです!

すると太い弦で、音を合わせても弦長が長いためピンと張った状態にすることができるようになりました!

 

 

ギターのスケール

 

【レギュラースケール(ロングスケール)】  25.5インチ(647.7mm)

別名『フェンダースケール』とも呼ばれる一番ポピュラーなスケールです!

 

例)ストラトや、テレキャスターなど

 


 

【ミディアムスケール】           24.75インチ(628.65mm)

レギュラースケールよりネックやフレットの間隔が短くなったことで、レギュラースケールでは指が届きにくい人でも各段に弾きやすくなりました!

 

例)レスポールなど

 


 

【ショートスケール】            24インチ(609.6mm)

ミディアムスケールより1フレット分くらい短く、またネックも小さい為、握りやすいのが特徴。

 

全体的に小ぶりなので、コードを押さえる時なども、張力が弱い分、軽い力で抑える事ができる。

 

例)ムスタング、ジャガーなど

 


 

【エクストラロングスケール】        26.5インチ(673.5mm)

弦を太く張れば張るほど音の張りはなくなってしまいます。

 

安定してチューニングを下げるためには

長いスケールが必要になったため、生まれたのが、

このエクストラロングスケールです!

 

ダウンチューニングなど、低音を求める弦になるほどスケールは長い方が安定するんですね!

ベースのスケール

 

レギュラースケール        34インチ(864mm)

 

ミディアムスケール        32インチ(812mm)  

 

ショートスケール         30インチ(762mm) 

 

エクストラロングスケール     35インチ.36インチ(889mm.914mm)

多弦ベースなどによく使われているスケール

安定して低音を出す為に採用されています。

 

また、ロングスケール弦では長さが合わず使用できないこともあるので

多少値段高くなりますが、専用弦を買わないといけないのが厄介です。

 

 

特別なスケール

マルチスケール(ファンドフレット)

 

扇(ファン)のように見えることから、ファンドフレットとも呼ばれ、

見た目に大きく特徴を持ったスケールです!

 

これは1弦と6弦のスケールが違うんです!

 

通常のフレットはまっすぐ打ち込まれていますが、

マルチスケールは斜めに打ち込まれているですね!

 

 

 

 

これにより、低音弦には、低音弦にあったスケール

高音弦には高音弦にあったスケールを実現できているんです!

 

【メリット】

テンションが双方にあった適切な張り具合になる

チューニングが安定し、音色に均一性が生まれる

 

【デメリット】

やはりフレットを斜めに打ち込む技術代として、本体価格が高くなってしまうのと、

本体が大きくなってしまう事

また修理もしにくいので、断られるお店もあるそうです。

 

フレット数によってスケールは変わる??

結論を言います。

変わりません!!

ご覧いただきありがry……説明がまだでしたね笑

 

ギターなどには、フレット(指板にある、銀色の棒です)が打ち込んでありますよね。

その数もギターによって、22フレ(フレットが22個あるよ)だったり、

24フレ(24個あるよ)だったりするのですが、

 

すると、「フレットの数が違うからスケールの長さも変わるんじゃない?」って思いませんか?

 

実は変わらないのです!

 

なぜかというと、最初にスケールとはナットからブリッジまでと言いました。

 

そう、ナットからブリッジまでなんです。

 

22フレや24フレは、指板の長さを調整して、増やしたり減らしたりして生み出されています

つまり、同じレギュラースケールでも、

22フレも24フレもあり、指板の長さが異なるだけなのです。

 

ちなみに、フレット数が多い方が、高い音の音域が広がります

エレキには、ギターソロなどで、

ハイポジションを弾きやすくするためにカッタウェイが存在しています。

 

アコギなどの、カッタウェイがない形は、

ハイポジションを弾くように作られていないので

22フレあっても、弾きやすいのが15フレまでとかになっています。

 

【知っておきたい豆知識】

正しくは角のような部分を、『ホーン』

空間のことを『カッタウェイ』(Cut Away)(切除)と言うんですよ!

間違えやすいので気を付けましょう!

f:id:ame_fure:20190912215055j:plain

ホーンとカッタウェイ

 

上記のホーンやカッタウエイだけでなくギターの各部パーツの名前は覚えておくと後々必ず役に立ちます!

ギター カテゴリーの記事一覧