楽器文庫

ギターやドラムなど楽器に関わる記事をつらつら書いています!

【丸わかり】ギターの弾き方のオクターブ奏法とは??

 

オクターブ奏法って簡単にできる割に、汎用性が高く使用場面も多いです!

なのでオクターブ奏法覚えたいって方に、わかりやすくまとめました!

 

その前にピッキングの仕方も見ていきましょう!!

 

 

目次

 

 

f:id:ame_fure:20190928231430j:plain

 

ギターの指使い

 

ギターって、左手で弦を抑え、右手でピックを持って弾きますよね?

(レフティーの人は逆なんですが)

 

左手の指使いのことを『フィンガリング(運指)』といいます。

英語だとfingerの~ing系、日本語だと「指を運ぶ」

 

うーーん。由来ってそのまんまですね!

でも私的には、由来を覚えると単語自体を覚えやすい気がします!

これはそのまんま過ぎてすぐ覚えられますけどね笑

 

右手のピック使いのことを、『ピッキング』といいます。

 

ピックではなく指で弾くのは、そのまま『指弾き』です。

英語だと、『フィンガー・ピッキング』ですね!

擦弦(さつげん)楽器(ヴァイオリンなど)だと、指弾きはピチカート奏法と呼びます

同じ指弾きでも、名前が変わるんですね~~

 

そしてピックで弾く、このピッキングには2種類存在します!

 

1.オルタネイトピッキング

2.エコノミーピッキング

 

f:id:ame_fure:20190928214029j:plain

オルタネイトとエコノミーのピッキング

 

オルタネイトピッキング

ピックを、上から下に(ダウン)と下から上に(アップ)

交互に行うピッキングの仕方のことを言います

 

ちなみに

オルタネイトとは日本語に訳すと『交互に』という意味で

ドラムでも交互にドラムを叩くことを『オルタネイトスティッキング』と言ったりします。

 

最初は意外と難しく手が思うように動きません。ひたすら練習あるのみなので、頑張りましょう!

 

エコノミーピッキング

ダウン→ダウン→ダウン→・・・というように、

同じ向きにピッキングを繰り返すやり方のことです。

 

一番最初はこれで練習しましょう!これができるようになったらオルタネイトピッキングを練習するのがベストです!

 

 

 

ギター奏法の種類

 

オクターブ奏法

これは原音と1オクターブ上の音を同時に弾く奏法です!!

 

はい?

これで理解できた人は、もうこれ以上見る必要はございません!!(´・ω・`)…

 

そもそもオクターブって??という方はこちらクリック!!

 

↓↓↓↓言葉じゃ意味が分かりずらいので表を見てください!↓↓↓↓

f:id:ame_fure:20190928222228p:plain

オクターブ奏法

 

たとえば、5弦2フレットの『B』の音でオクターブ奏法をするなら

5弦2フレットと、3弦4フレットを抑えます!

間の音(この場合4弦)や、それ以外の音は鳴らさないように必ずミュート(消音)してください!

 

他にも例をあげますと

4弦5フレットの『G』の音で鳴らしたい場合は

4弦5フレットと2弦8フレットになるってことですね!!

 

コードの並びには規則性がありますので、

先ほどの5弦をベースで考えると、

『B』は右に2個ずれて、上に2個

横の『C』(5弦3フレット)も右に2個ずれて、上に2個ずれてますよね!

 

そのあとの『D』『E』『F』・・・も同様に同じ個数ずれたところに、

オクターブずれた音が存在するのです!!

 

つまり抑えた指の形をそのままスライドさせるだけで、

『B』→『C』のように流れになったオクターブ奏法を

簡単にすることができちゃうんです!!

 

なので、

6弦や5弦をベースにしたオクターブ奏法は、2の2、

4弦や3弦をベースだと、3の2  

ずつずれると覚えとくとオクターブ奏法は

もうマスターしたも同然なのです!!(きらりん)

 

他にも奏法はたくさんあって

 

アーミング奏法・・・アーム(ブリッジについている棒のこと)を使った奏法のこと

ボトルネック奏法・・・スライドバーと呼ぶ棒を指に装着して演奏する特殊な演奏法

などなど、

 

ひとえに、ギターといっても、演奏の仕方にもたくさんあり

音もいろいろ変わる、表現力あふれる楽器なんですね!!

 

 

www.ame-fure.com