楽器文庫

ギターやドラムなど楽器に関わる記事をつらつら書いています!

フロントPUとリアPUの音が違う理由はついている位置が違うから?!

 

 

前回に、引き続き

『ギター用語まとめシリーズ!』

今名前つけたんですけどね笑

 

今回は、ギターのピックアップセレクターについてです!!

 

目次

 

 

ピックアップセレクターとは

ギターにピックアップが複数ついているものとかありますよね??

主にストラトやレスポールなんかです。

 

そのピックアップのどれを鳴らすかを、

操作できちゃうのがピックアップセレクターの役割です!

 

そうです!ピックアップが複数ついている理由はこれなんです!!

 

ピックアップは、付いている場所によって

ネック側から、フロントPU、センター(ミッド)PU、リアPU

と呼ばれています。

 

ピックアップが2個しかないものは、

フロントと、リアと呼びます!

 

カチカチカチと鳴りながら動かすことができるセレクターは、

しかるべき場所で止まるんですがその止まれる回数がタイプによってまた違ってくるんですよね!

 

そもそもピックアップとは??って方はこちら↓↓↓↓↓

www.ame-fure.com

 

ピックアップセレクターの種類

 

一般的に、

レスポールタイプは『トグルスイッチ』と呼ばれる3点式セレクター

ストラトタイプは、5点式セレクターが主流です。

ファイブウェイレバースイッチとも言います)

 

3点式は、3回止まるところがあるよ!ってことです

 

 

f:id:ame_fure:20190918221647j:plain

 

トグルスイッチは、(例:2ハム)

フロント、フロント+リア、リア  の3種類をセレクトでき

 

5点式セレクターは、(例:3シングル)

フロント、フロント+センター、センター、センター+リア、リア の5種類

がセレクトできるようになっています。

 

ここまでは、単純に、ピックアップ(シングルかハムか)のどれを鳴らすかですが、

ややこしい動き方をするものもあります。

 

コイルタップとは

 

ハムシンハム(HSH)の場合

5点式セレクターが

図(下)のようにハムの片側だけ鳴らすように調整することができます

 

これを『タップ』(コイルタップ)と言います

f:id:ame_fure:20190919214826p:plain

タップの移り変わり

 

片側だけ鳴らす技術のことをタップというのであって、

上の図の鳴らす移り変わりをまとめてタップというわけではありません!

 

配線がすごくややこしくなるんですがハムの一個目と二個目の配線の間にタップ線を入れて、アースに落とせるようry・・・

とこんな話をしても仕方ないので笑

 

ハムバッカーですが、2個のうち1つしか鳴らさないので、

シングルの音に近くなります。

注)あくまでシングルの音に近づくだけです。

 

多少のハムキャンセル(打ち消し)は起きますが、ノイズは出やすくなります。

 

昔は、ハムならハムのみ(2ハム)、

シングルならシングル(3シングル)のみが主流だったので、

コイルタップ付きなら、両方の良いとこ取りができるんですね!

 

しかし、本家との音の違いはやはり出てきます。

そこも個人の好き好きなんですが、

初心者目線で見ると

「ハム、シン、両方のサウンドを試したい!」

って方にはちょうどいいかも代物かもしれません。

 

PUを切り替えると何が変わるのか

 PUを切り替えると変わるのは、やはり『音』です!

(いろいろな部分が、音に影響を及ぼすんですね!)

 

フロント側は柔らかめの音

リア側は硬めの音がします。

それを、演奏の用途によって使い分けることができるのです!

 

柔らかめの音というのは、バッキング(コード弾き)や、ギターソロなど向けで

硬めの音は、歪ませ系に向いています。

 

 

なぜピックアップの位置で音が変わるのか

 

そもそも、場所によって音が変わるPUですが

実はフロントとリアのPUは同じPUを使っています!!

(違うものもありますがそれは後述しています。)

 

ん??

より、意味が分からなくなりましたよね???

同じPUなのに違う音がでるわけないやん??

 

いや音は異なります!!(大声)

 

音は繊細なので、細かな変化や影響を受けて変化します。

 

まず

PUの位置とピッキングした場所(力が加わった場所)との距離が異なるからです。

f:id:ame_fure:20190927215233p:plain

ピッキングした場所からのPUの距離の違い

 

PUが拾うのは弦振動ですが、やはりピッキングの場所から

近いほど弦振動は激しく遠いほど弱くなりますよね!

(すごくすごく微妙な差ですが…)

その強弱が、音にも影響を与える要素になるのです!

 

 

それだけでなく

ナット側の弦の幅とブリッジ側の弦の幅は違いますよね?

ブリッジに向かうにつれて弦の幅は広くなっていきます。

それによってほんとに若干ですが

PUのポールピース(弦振動を拾う所)の上を通る位置がずれるんですね

f:id:ame_fure:20190927215328p:plain

弦幅の差とポールピース上を通る弦の場所(例)

フロント側はポールピース上に弦があるけど、

リア側は、外れちゃってますよね!

(これはあくまで極端にした例ですが…)

 

 これにより、拾う音に差が出るのは理解できたでしょうか?

 

この2つの要素が合わさり、同じPUでも

フロント側とリア側に音の差が生まれるのです!

 

先ほどちらっと違うものもあると言いましたが、

たとえば、同じPU『ABC』というのがあるとしましょう。

 

フロント側につける『ABC』は柔らかめの音を出したい

リア側につける『ABC』は硬めの音を出したい

 

そのままつけても音に違いは出ますが、もっと音の違いを明確にしたいとなると

コイルの巻き数を増やしたり、減らしたりして音を調整します。

 

元は同じPUですが、巻き数をいじったフロント用PU『ABC.1』

いじってないリア用PU『ABC』が出来上がるのです。

 

PUには

全く同じPUを使用するパターンや

巻き数が異なりフロント用やリア用に調整されたPUを使用するパターン、

そもそも、フロント用PU『CDF』リア用PU『ABC』など、

元が違ったPUを使うパターンも全然あることを頭に入れとくといいかもしれません!

(9/27追記)

 

ちょこっとセレクターをいじるだけで、音色に変化が起きるなんて、

面白いですよね!

これによって、ぐーーんと、演奏の幅は広がったんじゃないでしょうか!

 

細かいパーツも覚えると、どんどん試したくなっていきますよね!

 

 

www.ame-fure.com