楽器文庫

ギターやドラム、アーティストなど音楽に纏わる記事を書いています!

フロントPUとリアPUの音が違う理由はついている位置が違うから?!

 

 ギターにはピックアップが複数付いているモデルもありますよね?

そのピックアップのどれを鳴らすかを選択できるのですが、それを切り替えるスイッチが『ピックアップセレクター』と言うパーツです。

ピックアップセレクターの種類とピックアップとの関係を見ていきましょう!

 

目次

 

 

ピックアップセレクターとは

ピックアップセレクターと場所によるピックアップの名称

ピックアップセレクターと場所によるピックアップの名称

 

 ピックアップが2基とか3基付いたモデルは、鳴らすピックアップを自在に操ることができます。それを可能にしているのが『ピックアップセレクター』

 

 

ピックアップが複数付いているメリットはここでもあります。

1基しかピックアップが付いていない場合は、出せる音は1つしかありませんが、ピックアップが2基付いたものは出せる音が2つになると考えるとバリエーションが増えますよね!

 (ちなみにピックアップの数え方の単位は1基2基と数えます。)

 

ピックアップは、付いている場所によって呼び分けられていて、上から

ネック側(上)

  • フロントピックアップ
  • センター(ミッド)ピックアップ
  • リアピックアップ

ブリッジ側(下)         

単順に、場所を英語で名付けただけですね!

フロント(前)、センター(真ん中)リア(後ろ)の意味です。

 

ピックアップが2基しかないものは、真ん中の意のセンターが抜け、『フロントPU』と『リアPU』だけになります。

 

カチカチカチと鳴りながら動かすことができるセレクターは、

しかるべき場所で止まるんですがその止まれる回数がギターの種類にによってまた違ってくるんですよね!

 

☟ピックアップについてもう少し詳しく

ピックアップの仕組みと種類

 

ストラトとレスポールのピックアップセレクターの種類

ストラトの5点式セレクターとレスポールのトグルスイッチ

ストラトの5点式セレクター(左)とレスポールのトグルスイッチ(右)

先ほど止まれる回数が違うといいましたが、スイッチ自体が別物になります。

ストラトタイプとレスポールタイプでは止まれる回数と名称も変わってきます。

 

【レスポールタイプ】

トグルスイッチ』と呼ばれる3点式セレクターが使われています。

3点式とは3回止まる所(3種類PUを鳴らせるパターン)があるよ!ってことです。

付いている位置も異なりコントロールノブの近くではなくボディの左上、フロントピックアップのすぐ左上側くらいについています。

 

◆レスポールタイプのピックアップの動き方

トグルスイッチは、(例:2ハム)

『フロント』 『フロント+リア』 『リア』3種類をセレクトすることが可能です。

 


 

【ストラトタイプ】

『ファイブウェイレバースイッチ』と呼ばれる5点式セレクターが主流です。

レスポールタイプとは違いコントロールノブのすぐ近くに配置されています。

 

 

 ◆ストラトタイプのピックアップの動き方

5点式セレクターは、(例:3シングル)

『フロント』 『フロント+センター』 『センター』 『センター+リア』『リア』

の5種類がセレクトできるようになっています。


 

 これから分かるように『ピックアップセレクター』は総称で、その中にまた種類が分かれているのです。

 

そして今回は例にシンプルなシングルとハムをそのまま鳴らすタイプで説明しましたが、ハムバッカーにはややこしく変化する鳴らし方が存在します。

それが『コイルタップ』です。

コイルタップとは?ピックアップの動き方

『コイルタップ』とはハムバッカーの片方だけ鳴らす技術です。

どうゆうことかというと・・・

 

例えばハムシンハム(HSH)のギターの場合、5点式セレクターを動かすと

図(下)のようにハムの片側だけ鳴らす所が入った動きになります。

これを『タップ』(コイルタップ)と言います

ピックアップのコイルタップの動き方

コイルタップの移り変わり

 

片側だけ鳴らす技術のことをタップというのであって、

上の図の鳴らす移り変わりをまとめてタップというわけではありません!

 

配線がすごくややこしくなるんですがハムの一個目と二個目の配線の間にタップ線を入れて、アースに落とせるようry・・・とこんな話をしても仕方ないので笑

 

コイルタップのメリットとしてはハムバッカーを搭載しているけれど、

2個のうち1つしか鳴らさないので、シングルの音に近い音がハムバッカーのピックアップから出せるということです。

※あくまでシングルの音に近づくだけです。

 

多少のハムキャンセル(打ち消し)は起きますが、ノイズは出やすくなります。

 

昔は、ハムならハムのみ(2ハム)、

シングルならシングル(3シングル)のみが主流だったので、

コイルタップ付きなら、両方の良いとこ取りができるんですね!

 

しかし、本家との音の違いはやはり出てきます。

そこも個人の好き好きなんですが、初心者目線で見ると「ハム、シン、両方のサウンドを試したい!」って方にはちょうどいい代物かもしれません。

 

PUを切り替えると何が変わるのか

 PUを切り替えると変わるのは、やはり『音』です!

 

『フロント側は柔らかめの音リア側は硬めの音』がします。

柔らかめ、硬めと言っても意味わかんないとは思いますが、

柔らかい音とは、バッキングやギターソロに向いた音で、温かみのあるほんわりとした音が出ます。

硬めの音とは、歪ませたりするのに向いており、クールでパキっとしたような音が出るんです。

 

それを、演奏の用途によって使い分けることができるのです!

 

ではなぜピックアップの音がフロントとリアでは違うのでしょうか?

全く同じピックアップを使っていても音は変わるんです!!

 

なぜピックアップの位置で音が変わるのか

フロントとリアに全く同じピックアップを取り付けていても音が変わる理由

フロントとリア、別々の場所についているからです!

 

音は繊細なので、細かな変化や影響を受けて変化していきます。弦の材質や太さ、ボディの木材、ネックの木材や反り具合、ピッキングの強弱など、些細なことで音に変化が生まれるのはギターで見ると当たり前のことですね。

 

そしてPUの音が変わる要因は2つ

 

  • PUの位置とピッキングした場所(力が加わった場所)との距離が異なる
  • PUのポールピース(弦振動を拾う所)の上を通る位置がずれる

 

この説明じゃわかりにくいと思いますので、もう少し詳しく言うと・・・

◆第1の理由

PUの位置とピッキングした場所(力が加わった場所)との距離が異なるから

ピッキングした場所とピックアップの距離の違い

ピッキングした場所とピックアップの距離の違い

PUが拾うのは弦振動ですが、やはりピッキングの場所から近いほど弦振動は激しく遠いほど弱くなりますよね!(すごくすごく微妙な差ですが…)

その強弱ですら、音にも影響を与える要素になるのです!

 

 

◆第2の理由

ナット側の弦の幅とブリッジ側の弦の幅は違いますよね?

ブリッジに向かうにつれて弦の幅は広くなっていきます。

それによってほんとに若干ですが

PUのポールピース(弦振動を拾う所)の上を通る位置がずれるんですね。

弦幅の差とポールピースの上を通る弦の位置(例)

弦幅の差とポールピースの上を通る弦の位置(例)

フロント側はポールピース上に弦があるけど、リア側は、外れちゃってますよね!

(これはあくまで極端にした例ですが…)

 

これにより、拾う音に差が出るのは理解できたでしょうか?

この2つの要素が合わさり、同じPUでもフロント側とリア側に音の差が生まれるのです!

 

ピックアップの使用例

でも実はフロントPUとリアPUが別のピックアップを使っているものもあります。

それはより明確にフロントPUとリアPUの音の差を際立たせたいからです!

 

たとえば、同じPU『A』というのがあるとしましょう。

 

フロント側につける『A』は柔らかめの音を出したい

リア側につける『A』は硬めの音を出したい

 

そのままつけても音に違いは出ますが、もっと音の違いを明確にしたいとなると

コイルの巻き数を増やしたり、減らしたりして音を調整します。

 

元は同じPUですが、柔らかい音が出るように巻き数をいじったフロント用PU『A1』

いじってないリア用PU『A』が出来上がるのです。

 

ピックアップの使用例には3種類存在します。

最初に説明した全く同じPUを使用するパターン

次に説明した元は同じだが巻き数が異なりフロント用やリア用に調整されたPUを使用するパターン

そして元のPU自体が完全に別物でフロント用のPUとリア用のPUを使うパターン

 

つまり『A』『A』『A』『A1』『A』『B』と言うパターンですね!

 

ちょこっとセレクターをいじるだけで、音色に変化が起きるなんて、

面白いですよね!

これによって、ぐーーんと、演奏の幅は広がったんじゃないでしょうか!

 

細かいパーツの役割を覚えると、どんどん試したくなっていきますよね! 

自分のギターでもたくさんいじって音の変化を試してみて下さい!

 

www.ame-fure.com