楽器文庫

ギターやドラムなど楽器に関わる記事をつらつら書いています!

コントロールノブってどんな役割が??

 

ギターって、音をアンプやエフェクターで好みの音を変えれるのは、

ギターを知らなくても、知ってるんじゃないでしょうか??

 

しかしエレキギターには、元々音色を変える装置がついているんですよ!

それが、コントロールノブです!

 

そのコントロールノブについて、掘り下げていきたいと思います!

 

目次

 

 

f:id:ame_fure:20190921131427j:plain

コントロールノブの種類

 

エレキギターには

音量が調整できる『ボリューム』と、

音色を調整できる『トーン』がついています。

 

これらを総称して、『コントロールノブ』と呼んでいます。

 

『ボリューム』とはその名の通り、音量を調節できます。

『トーン』というのは、

絞れば絞るだけ(0に向けて回す)、音がこもりマイルドになります

 

ストラトタイプには、

 

1.ボリューム(マスターボリューム)

2.フロントトーン

3.センタートーン    の3種類

 

上のつまみは、ピックアップセレクターですね!

 

f:id:ame_fure:20190918214505j:plain

 

ストラトタイプは、ボリュームが1つしかなく、

これをいじるだけで、すべてのピックアップと連動しています!

 

え!?ちょっと待って、リアのトーンは??

 

当然そうなりますよね笑

 

実はストラトタイプには、リアのトーンはありません!!

(最近は有るモデルもありますが・・・)

 

なぜかと言いますと、

そもそもピックアップには、フロント側は、甘めの柔らかい音

リア側は、硬めの歪みに向いた音が出る特徴がありますよね!

 

そうです!リア側は硬い音ほどいいと考えられ、

 

職人さん「マイルドにする必要なんかねぇ!!」

となったわけです。

 

リアがない理由は、こだわり抜いた結果のことだったんですね!

決して、「3個もつけるのだりー」となったわけではないのです笑

 

 

レスポールタイプは、


1.フロントボリューム

2.フロントトーン

1.リアボリューム

2.リアトーン

の4種類がついています

 

レスポールタイプは、ストラトに代わってフロントとリア

両方とも、ボリュームをいじれるのが、大きな違いです!

 

f:id:ame_fure:20190920194828p:plain

赤がフロント 緑がリア

 

ボリュームや、トーンの下にはポッドと呼ばれる可変抵抗器があり、

可変抵抗器のつまみを、回すことにより、音量や音色が変化します。

ここら辺は、小難しいので、

「なんや便利なもんがあるんやな~」くらいでいいかと思います笑

 

ちなみに裏側はこんな風になっていて、

赤丸が、ボリュームの可変抵抗器

緑丸は、ピックアップセレクターです

 

f:id:ame_fure:20190921135107j:plain

ボリュームノブの裏側

コントロールノブの外し方

 

コントロールノブは気軽に外して、

お気に入りのノブにカスタマイズすることも可能です!

 

しかし!!

 

注意点:交換したいノブと、楽器側の、シャフトの大きさや種類があっているか

また、ミリやインチの大きさの違いに、先端部分にも種類があり、

対応したやつじゃないとハマりません!

 

ここらへんを絶対に確認してから購入してください!

後々、はまらないとか、でかすぎるとか、悲しいことになりますので。。

 

一番安全なのは、楽器屋さんに見てもらうことですね!

これはまりますかね~って聞けば対応してくださると思います。

 

f:id:ame_fure:20190921134941j:plain

ノブを外すと・・・(スプリッドシャフト)

ちなみに・・・ (ここはスルーでもいいです)

 

先端の種類は

割れた線が入っているのが、スプリッドシャフト

線が入っていないのが、ソリッドシャフト

ナイロン製なのが、ナイロンシャフトです

 

ノブにも種類はあって、

ハットノブとコレットノブがあります。

 

ハットノブはそのまま差すタイプで、

コレットノブは、縄跳びの持ち手の仕組みのように、

周りからキュッと止めるタイプです

 

ノブを外すコツ

手で引っ張って取れるタイプもありますし、硬いやつは

クロス(布)などを、ノブの下に滑り込ませ、

包んで上に持ち上げると簡単に取り外せます。

 

f:id:ame_fure:20190921140313j:plain

ノブとボディの隙間に布を入れ込み引っ張る

 

ノブの側面に、ネジがついているものもあるので、

付いている場合は、六角レンチなどで緩めてから取り外します。

 

終わりに・・・

 

ひとえに、ノブといっても種類や、役割の違いなど、奥深いんですよね!

ギターを構成するパーツはまだまだ、あります。

皆さんが今まで注目してなかった部品にも

この記事を読んで興味を持ってくださるとうれしいです

 

あめ