楽器文庫

ギターやドラム、アーティストなど音楽に纏わる記事を書いています!

ボリュームやトーンとは?ギターのコントロールノブの役割と仕組み

 

エレキギターって音をアンプやエフェクターを通して自由に歪ませたり、綺麗な音にしたりできることはギターを知らなくても、知っていますよね!

 

しかしエレキギターには、ギター本体にも音色を変える装置がついているんですよ!

その役割を担っているのが『コントロールノブ』です!

 

ではコントロールノブとはどんなものなのでしょうか?

 

目次

コントロールパネルとは?ノブ周りを見ていこう!

コントロールパネル付近の名称

コントロールパネル付近の名称

エレキギターには『コントロールノブ』と呼ばれるつまみと『セレクター(ピックアップセレクター)』が付いています。そしてその部分を総称して『コントロールパネル』と呼びます。

 

『コントロールパネル』の中には様々な役割を持ったスイッチやノブが存在していますが、一番基本的なものが『VOLUME(ボリューム)』『TONE(トーン)』『セレクター』の3つになります。

 

まずはこの3つの役割について覚えていきましょう!

 

コントロールノブの種類と役割

『コントロールノブ』と呼ばれるつまみが、基本的にエレキギターには全てついています。繰り返しになりますがその中でも最低限存在するのが

『ボリュームノブ』と『トーンノブ』の2つです。

 

『VOLUME(ボリューム)ノブ』の役割

ボリュームノブとは音量を調節できるノブです!

「ボリューム」と言う単語は普段耳にすることも多いのではないでしょうか?

まさに想像した通りで、カラオケなどでも使うボリュームと同じです。

 

エレキギターでは、このボリュームをフルテン(MAX)にすると大きな音量

0にする(絞る)と音が完全に出なくなります。

 

出なくなるといってもアンプに通した場合のみの話です。

当然ですが、生で弾いても音は出ますよ!笑

『TONE(トーン)ノブ』の役割

トーンノブとは音質を調整できるノブです!

 

音質と言うと分かりにくいですが、音をハッキリさせるかこもった音にするかを調整することができます。

トーンをフルテンにすると特に高音がはっきりした抜けの良い音になり

0まで絞ると、音のこもった暗い雰囲気でマイルドになります。

 

ピックアップ1つにつき1つ付いていると思ってください。

 

【☆POINT!】

トーンノブは基本フルテンでOK!!

音はハッキリさせた方がいいので最初は常にフルテンでいいです!

 

コントロールノブの仕組み

 これらの『コントロールノブ』たちは、ギターのピックアップと連結していると思ってください。

ボリュームノブを絞ればピックアップが音を拾うのやめる。逆にフルテンにするとピックアップが最大限音を拾ってくれるという仕組みです!

 

トーンも同様に、ピックアップと連結しています。そして後述もしていますが

トーン1つにつきピックアップ1つの音質をいじることができます。

トーンが2つ付いていれば、2つのピックアップの音質をいじれるということです。

 

【☆合わせて覚えよう!】~ピックアップの呼び方~

ピックアップは複数ついているものもありますよね?

たとえば3つ付いているものはネック側(上)から、

『フロントピックアップ』『センターピックアップ』『リアピックアップ』と呼びます。

 

2つしかないものは『フロントピックアップ』(ネック側)と『リアピックアップ』(ブリッジ側)と呼びます。センターがなくなりますので覚えておきましょう!

 

ギターの種類で見るコントロールノブの数と役割

ギターには種類がありますよね?ストラトだったりレスポールだったりテレキャスだったり…

☞ギターの種類と形と特徴を覚えて欲しいギターを見つけよう!

 

実はそのギターの種類によっても付いているノブに違いがあったりするんです!

ギターによって異なるので一概には言えないですが基本こんな感じのが付いているよと紹介していきます!

 

自分のギターの種類を調べたら、照らし合わせながら自分のギターのノブの役割を覚えておきましょう!

 

※ギターのボディ本体にはノブ付近にも説明などが書いていないため覚えるしかありません!

【ストラトタイプのコントロールパネル】

ストラトタイプはピックガードの上にコントロールノブやセレクターがあります。

一般的なストラトタイプにはノブが3つ付いています。

 

1.ボリューム(マスターボリューム)

2.フロントトーン

3.センタートーン    (下画像参照)

 

上のつまみが『ピックアップセレクター』ですね!

f:id:ame_fure:20190918214505j:plain

 

ストラトタイプは、ボリュームが1つしかなく、これをいじるだけで、すべてのピックアップと連動しています!

 

ちょっと待ってや!リアのトーンはどこ行ってん!!

 

実はストラトタイプには、リアのトーンはありません!!

(有るモデルもありますが・・・)

 

◆なぜリアのトーンがないのか?

そもそもピックアップの特徴として、フロントピックアップは甘めの柔らかい音

リアピックアップは硬めの歪みに向いた音が出る特徴があるんです!

 

リアピックアップは硬い音ほどいいと考えられているため

職人さん「マイルドにする必要なんかねぇ!!」

となったわけです。リアがない理由は、こだわり抜いた結果のことだったんですね!

 

ちなみにフロントとリアのピックアップの音が違う理由はご存知ですか?

☞フロントPUとリアPUの音が違う理由はついている位置が違うから?!

 

ボリュームノブはすべてのピックアップに対応していますので、気にしなくていいですが、トーンノブはフロントとセンターのみなので、ピックアップセレクターでフロントとセンターを選んでいる場合のみ有効です!

 

リアピックアップのみを鳴らしている時は、トーンノブは意味をなしていないのを覚えておきましょう!

☆ストラトタイプのコントロールパネルの特徴まとめ

コントロールノブは全部で3つ

ボリューム:マスターボリューム1つ

トーン:フロントセンターのみ

リアトーンはないものが多い(硬質な音を出したいPUのため)

 

【レスポールタイプのコントロールパネル】

レスポールタイプはストラトタイプと大きく違ってコントロールノブが付いています。

見た目は同じですが、付いている個数3つではなく4つ付いているのが特徴です。


1.フロントボリューム

2.フロントトーン

1.リアボリューム

2.リアトーン      (下画像参照)

f:id:ame_fure:20190920194828p:plain

赤がフロント 緑がリア

ストラトタイプとは違って、ボリュームがマスター(両利き)ではなく、フロントとリアで分かれてついています。レスポールはピックアップが2基しかないのでセンタートーンはありません。

 

トーンは言うまでもなく、フロントとリアで1つずつついています。

レスポールはピックアップセレクターが、コントロールノブ付近ではなくボディの左上についているのも特徴の1つです。

コントロールノブの中身と細かな仕組み

 

コントロールノブやピックアップセレクターの本体は、ピックガードの裏側か、キャビティ(バックパネルの中)に埋め込まれています。

 

『ボリュームノブ』や、『トーンノブ』の下には『ポット』と呼ばれる『可変抵抗器』があり、

可変抵抗器のつまみを、回すことにより、音量や音色が変化しています。

 

ノブは取り外しが可能で、役割としてはただ『ポット(可変抵抗器)』を回しやすいようにするための蓋みたいなものなのです!

 

可変抵抗器の仕組みはだいぶややこしいので今回は省きます。

 

ちなみにピックガードの裏側は☟こんな風になっていて

赤丸が、ボリュームの可変抵抗器

緑丸は、ピックアップセレクターです。

 

ピックガードの裏側にある可変抵抗器

ボリュームノブとセレクターの裏側部分

黒や赤の配線が、ポットとピックアップなどをつないでいます。

基本的にはんだ付けで固定しています。

 

コントロールノブの外し方とカスタマイズするときの注意

コントロールノブは気軽に外して、

お気に入りのノブにカスタマイズすることも可能です!

それ以外にも、埃を払うときやノブが緩い時は、外して付け直すことも良くある話です。

 

※注意!!

交換したいノブと楽器側のシャフト(後述)の大きさや種類があっているかまた、ミリやインチの大きさの違いに、先端部分にも種類があり、対応したやつじゃないとハマりません!

ここらへんを絶対に確認してから購入してください!

後々、はまらないとか、でかすぎるとか、悲しいことになりますので。。

 

一番安全なのは、楽器屋さんに見てもらうことですね!

これはまりますかね~って聞けば対応してくださると思います。

 

ノブを外すとこんな感じの『シャフト』と呼ばれる棒が出ていきます。ここが先ほども紹介したポット(可変抵抗器)のつまみの部分になります。なので、この状態でも回すことはできますよ!

f:id:ame_fure:20190921134941j:plain

ノブを外すと・・・(スプリッドシャフト)

ちなみに・・・ (ここはスルーでもいいです)

先端、シャフトの種類は

割れた線が入っているのが、スプリッドシャフト

線が入っていないのが、ソリッドシャフト

ナイロン製なのが、ナイロンシャフトです。

 

ノブ自体にも種類はあって、

『ハットノブ』と『コレットノブ』があります。

 

『ハットノブ』そのまま差すタイプで、

『コレットノブ』は、縄跳びの持ち手の仕組みのように、周りからキュッと止めるタイプです。

 

硬くて取りにくいコントロールノブを簡単に外すコツ

コントロールノブは、手で引っ張ってあげるとスポっと簡単に抜けるものが多いです。

コントロールノブの中には側面に、ネジがついているものもあるので、付いている場合は、六角レンチなどで緩めてから取り外します。

 

 

そしてコントロールノブにはたまにめっっっっちゃ硬くくっついている奴がいます。

そのような強敵は、手で取れないことが多いのでクロス(布)などを、ノブの下に滑り込ませ、包んで上に持ち上げると簡単に取り外せます。

 

f:id:ame_fure:20190921140313j:plain

ノブとボディの隙間に布を入れ込み引っ張る

 

 

 

終わりに・・・

 

ひとえに、ノブといっても種類や、役割の違いなど、奥深いんですよね!

ギターを構成するパーツはまだまだ、あります。

皆さんが今まで注目してなかった部品にも

この記事を読んで興味を持ってくださるとうれしいです

 

☞ギター-初心者向け カテゴリーの記事一覧