楽器文庫

ギターやドラム、アーティストなど音楽に纏わる記事を書いています!

【解説】トランジスタアンプと真空管アンプの違いと見分け方!

この記事から分かること!

  • アンプの内部構造の違いによる種類
  • トランジスタアンプとは
  • 真空管アンプとは
  • トランジスタアンプと真空管アンプの違いと見分け方
  • アンプのW数の見方

 

目次

 

トランジスタアンプと真空管アンプの違いと見分け方

アンプの内部構造の違いによる種類

ギターやベースのアンプには内部構造によっても種類が分かれています。

ここで言う内部構造とは、プリアンプ/パワーアンプ内にある音の増幅装置が2種類存在していと言うことです。

 

それは音の増幅装置に『トランジスタ』を使うか『真空管』を使うかです。

トランジスタを使用したものを『トランジスタアンプ』

真空管を使用したものを『真空管アンプ』と言います。

 

では「トランジスタ」とは?「真空管」とは何なのでしょうか?

 

ではそれぞれの特徴と共に違いを見ていきましょう!

 

トランジスタアンプ(ソリッド・ステートアンプ)とは

トランジスタアンプとは音(電気信号)の増幅装置に『トランジスタ』という半導体を使用して作られたアンプです。

 

又の名を、『ソリッド・ステートアンプ』と言います。直訳だと「ソリッド(個体)ステート(状態)」のアンプで半導体(電子回路)のことを英語で『ソリッドステート』だと思ってください。

 

作るのには高度な設計知識が必要ですが、その設計図さえあれば大量生産できるため価格も安く設定できるのが強みです。

 

トランジスタアンプは真空管アンプに比べ、メンテナンスも必要なく価格も比較的安価で世の中にも多く出回っています。あなたがアンプと言われて想像するアンプもこのトランジスタアンプで間違いないでしょう。スタンダードなよくあるアンプです。

 

 トランジスタアンプの特徴

【トランジスタアンプの音色】

冷たくて硬いサウンド

 

【トランジスタアンプのメリット】

  • メンテナンスがあまり必要ない
  • 周波数の幅(出せる音の幅)が広い
  • 発熱が少ない

 

【トランジスタアンプのデメリット】

  • 一定のラインを超えると急激に歪む
  • 設計には高度な知識が必要

 

【増幅装置】

『トランジスタ』

f:id:ame_fure:20191121233732j:plain

トランジスタ

 

真空管アンプ(バルブ・ステートアンプ)(チューブアンプ)とは

真空管アンプは音(電気信号)の増幅装置に、『真空管』という仕組みを使用して作られたアンプです。

 

又の名を『バルブ・ステートアンプ』と言います。ソリッドステート(固体状態)とは違い、空間を使用した増幅装置のためこのような名前になっています。

真空管を英語で『バキューム・チューブ』と言うので、『チューブアンプ』とも呼ばれています。

 

取扱は繊細で、ノイズがでてしまうのが付き物です。待機中も「ジー」と音が鳴ります。デメリットも多いですが、その音には真空管にしかだせない独特の魅力があります。

 

 

 

真空管アンプの特徴

【真空管アンプの音色】

「暖かくて柔らかいサウンド」

 

【真空管アンプのメリット】

  • 構造は比較的簡単 マニアなら自作する人も・・
  • パワーが強い
  • 美しい高音をキンキンした感じではなくマイルドに
  • 真空管でしか出せない音が魅力

 

【真空管アンプのデメリット】

  • 熱を発する(部屋が熱くなるほど)
  • 価格が高い
  • 寿命がある(5~7年)

 

【増幅装置】

『真空管』

f:id:ame_fure:20191121211134j:plain

真空管

f:id:ame_fure:20191123220512j:plain

真空管はこんな感じに光ります

トランジスタアンプと真空管アンプの違いと見分け方

トランジスタアンプと真空管アンプを見分けるのは簡単です!

真空管アンプは実際に真空管がむき出しになっていたり、中を覗くと見えたりします。なので、ぱっと見で真空管があれば真空管アンプなければトランジスタアンプと見分けることができます。

 

中には見にくいものもありますが、真空管アンプは電源を付けると光るという特徴があるので電源を付けてみて判断しましょう!

 

トランジスタアンプと真空管アンプの違いまとめ

  トランジスタアンプ 真空管アンプ
増幅装置 トランジスタ 真空管
サウンド ソリッド マイルド
価格 安い 高い
メンテナンス なし 必要
発熱 ほぼなし あり
おすすめ 初心者向け 玄人向け

アンプのW(ワット)数とは?

ちなみにアンプにはアンプごとにW(ワット)数が存在します。

W数とは出力の大きさ」もっと簡単に言うとアンプがどれだけ大きい音が出せるかの目安です。

W数も、内部構造によって選ぶシチュエーションが変わります。

W数~トランジスタアンプ(ソリッド・ステート)~

~15W   自宅練習に最適

~30W   200人ぐらいのキャパの小規模、中規模ライブ

~150W   大規模なホールでのライブ

 

ちなみに、32型テレビにも5W~10Wくらいのアンプが組み込まれているので、

最大音量がどれくらいか試すと、目安になるかもしれません。

W数~真空管アンプ(バルブ・ステート)(チューブアンプ)~

~0.1W         アコスより大きな音も出る

~4W            自宅用で大きいかな?くらい

~50W          クリーントーンでとても大きい音

 

アンプを買いたいけど、何Wを買えばいいのかわからない方のために

軽くまとめてみました。

参考にしてみてください!

 

ご覧いただきありがとうございました。