楽器文庫

ギターやドラムなど楽器に関わる記事をつらつら書いています!

【完全保存版】ギターのメンテナンスのやり方と注意したいポイント!

 

なんでもそうですけど物って定期的にメンテナンスやお掃除しますよね!!

会社のプリンタだって家の中だって車だって!

じゃあちゃんとギターもメンテナンスしましょう!!

 

目次

 

ギターを使い終わったら必ずクロスで拭こう!!

 まずはこれを見て下さい…

 

サビたギターブリッジ

サビにサビてしまったブリッジです

ちょっと見ずらいかもしれませんが本当ならピカピカで鏡になっているくらいのものでした!

実はこれ私の初めて買ったギターだったんですが、メンテナンスを怠ったばっかりにこんな羽目に…(当時はこんなことになるなんて知らなかったんです。)

 

なので、同じ失敗を繰り返してほしくないので声を大にして言います!

使い終わったらちゃんと毎回クロスで拭きましょう!!(泣)

 

たったこれだけでこの錆びは防げました。錆の原因は手汗によるもので間違いないでしょう!ブリッジ部分や弦など、手で触るところには必ず手汗や汚れが付いてしまいます。

 

なので、今日はもう弾かないなとなるタイミングで必ずクロス(布)でギターを拭いてあげましょう!

金属はやはりすぐにサビてしまいます!弦ならまだサビても交換すればいいだけなのでいいですが、ブリッジなどのパーツはあきらめて放置するか、メーカーや楽器店に頼んでパーツ交換をしてもらわなければいけなくなります。

 

お金も手間もかかるし最悪です…

ほこりもたまりますし、ピックの削れカスなんかも付着していますので、布で優しく取ってあげましょう!あまり強くこするとボディに簡単に線傷がはいってしまいますので、気を付けて下さい!

 

私が使っているIbanezのクロスは両面違う材質で使い分けれるのでお勧めです!

肌触りもいい感じの優しい素材ですね!ギターを購入するともともとクロスが入っていたりしますがあまりにしょぼいものも多いので新しく気に入ったものを買うのが一番いいです!

 

 フレットも磨こう!!

 ギターの指板についているフレット。これも良くサビついたり黄色く変色したりしてしまいます!

しかしこれは簡単に落とすことができますよ!

それはただただ『不織布で擦って落とす」です!!これだけですね!

 

弦をいったん外してフレットを不織布で擦ってあげましょう。その際についでにピックアップの間なんかも普段弦があると拭きにくいので拭いてあげると良いです!

 

フレットは磨いてやると結構綺麗になりますよ!ただし磨きすぎはNGです!フレットもただの金属ですので削りすぎると高さが変わって音程に影響が出てしまいます。

本当に汚くなった時やサビすぎて見た目が悪い時以外は控えるようにしましょう!

 

私も使っている不織布がこれです!しっかり綺麗になるので、おすすめです!

 

ピックアップやブリッジ交換などパーツをいじるときに注意したい事

ギターをやっている人の中にはピックアップを入れ替えたりブリッジを動かしたり裏のキャビネットを開けたりとなにかとギターについているネジを回す機会が多いと思います!

 

でも適当にギターをいじっていると大事なギターがどんどん劣化していきますよ!!

  

☆ねじを回すときに注意したいポイント!

これはギターだけでなく行ってしまえば全てのネジを使ってる商品にも言えることなのですが、ネジを回す際にはまずネジ穴にネジを乗せて締める方とは逆に回しましょう!

 

「?」ってなりますよね笑

 

どういうことかと言うと、ネジと言うのは回すと溝を掘りながら入っていきますよね!

元々ネジが入っていた穴には一番最初に付けたネジの溝が残っています。

 

一度ネジを外してまたつけると、中の溝がもう一つできてしまうんですね!

これを繰り返していると、ネジがあった穴が溝だらけになって、次第にがばがばになってしまいます。

 

それを防ぐために、一番最初に合った溝に沿ってネジを入れてやるのが一番いいんです!無駄に溝を増やさずにギターを痛めつけることもありません!

 

どうやって同じ溝にネジを入れるかと言うと、

ネジをネジがあった穴に軽く差したら、締める方(右回転)とは逆(左回転)に軽く回してあげましょう!

すると元あったネジの溝にスポっとハマる部分がありますので、それから締めていけばほぼ溝通りに入れることができます!

f:id:ame_fure:20191203142324j:plain

ネジがあった穴には最初にできた溝がありそれに沿ってネジを入れる

 

ドライバーにも種類がある?!

実はドライバーには先端の大きさによって3種類も存在するんです!

その大きさの違いによって「1番」「2番」「3番」と名付けられています!

 

しかし3番は大きすぎるがゆえにめったに使われません。1番2番はご家庭にもあるような一般的なドライバーです!

f:id:ame_fure:20191203143444j:plain

ドライバー1番と2番

ネジの頭に空いているドライバーを入れる穴にも大きさがあり、ちゃんとフィットする番号のドライバーを使用しましょう!ドライバーを一度あてがってみるとわかります!

 

サイズの合っていないドライバーで、ネジを回し続けていると、頭が潰れて取れなくなってしまったりするので注意しましょう!