楽器文庫

ギターやドラムなど楽器に関わる記事をつらつら書いています!

過去は変えられる!?「マチネの終わりに」から学んだ大事なこと!

 

今絶賛公開中の『マチネの終わりに』

私は映画は見に行けていなくて、小説を前から持っていて読んでいたのですが

映画公開の情報を見て、あ、そーいえば昔読んだなこの作品…となり、

この作品から学んだ大事なことを忘れていたことを思い出しました!

 

f:id:ame_fure:20191118221039j:plain

 

『マチネの終わりに』のあらすじ

 

クラシックギタリストとジャーナリストの恋愛を描いた作品で謳い文句のように、この2人が長い年月の中でたった3度の出会いから惹かれていき、すれ違いや思わぬ障害など、隔てるものは数知れないが、2人の思いは募っていく。そんな2人の愛の結末とは…

 

といったような感じなのですが

まぁ本編の内容は映画や小説を読んで欲しいとして

 

作中に出てくる

『過去は不変ではなく、未来によって変わっていく。』

というような言葉に私は驚きました!

(思い出しながらなので多少ニュアンスは違ったかもしれませんが。。)

 

 

『過去は不変ではなく、未来によって変わっていく。』

 

確か本編では、

「登場人物が幼い頃、ままごとで机にしたりして遊んでいた大きな石があった。登場人物はその石を大人になってからも好きだったが、ある年、お祖母様がよろけてその石に頭をぶつけて亡くなってしまった。それ以来、その石にはいいイメージは持てなくなり、石で遊んだ思い出は、悲しい悲劇へと塗り替えられてしまった。」

というような話が出てきました。

 

『過去は変わらない』と言う、当たり前としてあった概念に疑問をいだきませんか?

実際、登場人物は好きだった石が、好きではなくなってしまいましたよね。

 

今回はネガティブな方に過去が変わってしまいましたが、この考え方ならポジティブにも過去って変えられますよね!

 

過去を自分でいい風に変えよう!

誰しも『嫌な過去』ってあると思います。

いじめを受けたりとか、家族がらみの問題とか、失恋とか、友達に裏切られたこととか。。

 

そのような嫌な過去って思い出したくもないですし、記憶から消したいくらいです。

普段忘れられる人はいいですが、トラウマになったり、その過去にずっと悩まされている人もいるんじゃないでしょうか?

 

しかし過去は変えられる!

嫌な過去も、良い過去とまではいかなくても、それも自分の糧にできるかもしれない。

その過去のおかげで何かが生まれるかもしれません!

 

例えば、大失恋して落ち込んでいたけど、そのあとにこの人しかいない!!ってくらいもっといい人に巡り合えた!

そしたら、大失恋してよかったとはならなくても、大失恋したからこそ今の人に出会ったわけですよね!

 

嫌な過去があったけど、その過去を記事にしてブログにしたら大儲けできた!

なんてことがあるかもしれませんよね!!

そしたら、嫌な過去は毎日苦しむほど悩むまでにはならないんじゃないでしょうか!

 

 

 過去を変えられるのは今の自分!!

 

こう見ると普段から過去を変えながら生きてきたんだなと実感しました!

アドセンスに落ち続けた日々は辛かったけれど、合格してネタにしてみると反響も大きく、落ち続けたおかげで出会えた人やできた記事なんかもありましたから!

 

過去にどんな辛いことがあっても、苦しいことがあっても今の自分次第で過去の事ですら、どうとでもなるんだな!とこの作品を読んで感じました!

 

自分の人生を決めるのは他人ではなく、他人に刻まれた辛い過去でもなく、

今の自分だったんですね!!

 

『マチネの終わりに』/平野啓一郎

話も十分も面白いので、気になった方は是非読むか映画を見てみて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

www.ame-fure.com