楽器文庫

ギターやドラムなど楽器に関わる記事をつらつら書いています!

オールアクセスジョイントの見分け方!ギタージョイントはここで見分けよう!

 

ギターやベースは、ボディとネックに分かれていますよね!

その2つをくっつける方法にもまた種類があるんです!!

(どれだけ細かく種類があるんでしょう…(小声))

 

目次

 

 

 

ジョイント方式

 

まず

ネックを固定する部分のことを『ジョイント』と呼びます!

そのジョイントの方式が3種類

 

1.デタッチャブル(ボルトオン)

2.セットネック

3.スルーネック

 

デタッチャブルボルトオン

ボディにネックポケット』と呼ばれる、ネックを入れる溝を作り

そのネックポケットにネックをジョイントして、ボルトで固定する方式

 

f:id:ame_fure:20190917215827j:plain

デタッチャブル(プレートジョイント)←後述

 

文字通りdetach(切り離す)able(~できる)という意味です

ストラトなどに多く見られます

 

メリット

ネックとボディを別々にできる

取り外しが可能なことにより、生産も別々に行え、

作業効率も大幅に向上しました。

 

デメリット

 

ヒール』と呼ばれるジョイントの裏側の部分に、ボルトがあることで、

ハイポジションを弾きやすくする加工にも、限界がある

 

(ちなみに、ハイポジションを弾きやすくするための加工には

ティルトジョイントと呼ばれる、ヒールを斜めにカットしたものなどがあります)

 

また強い衝撃が加わるとネックが動いて、センターズレ(ネックがずれてしまうこと)

を起こしやすいのが、大きなデメリットです。

 

 これはとても分かりやすくセンターズレしてますね↓↓↓

ポジショニングマークが4弦側に寄っちゃってますよね。。

 

本当なら3弦と4弦のど真ん中にないと行けないんです!

 

 

セットネック

昔から使われてきた伝統的な方法で、

ネックポケットを作り、入れ込むまでは同じですが

そこを完全に接着する方式

 

f:id:ame_fure:20190917215814j:plain

セットネック

 

メリット

ボディとネックが一緒になっているため

密着度はデタッチャブルより高く、弾いた時に振動が伝わりやすい。

 

また高い密着性から、ヒールの加工をしても影響が少ないため

ハイポジションの弾きやすい加工が十分にできる。

 

デメリット

生産性が悪い

どっちかに不具合が出ても、取りかえができない

 

スルーネック

ネックがボディエンドまで伸びており、

そのサイドに木材を貼り付けてボディを形成する方式

(貼り付けた木材のことをウイング材と呼びます)

 

ネックには、反らないよう頑丈性をあげるため、

プライウッド(合板)がよく使われる

 

スルーネックで、プライウッドなのが分かりやすいのが、

IbanezのBTBシリーズですね!↓↓↓

f:id:ame_fure:20190917222427p:plain

 出典:Ibanez  BTBシリーズ

 

 

メリット

ヒールの部分も一つのネックなので

加工のしやすさは◎

 

また、セットネックよりも

振動は伝わりやすくサステインがよくなる

 

デメリット

一本のネックなのでネックが反りやすいのも難点

また、高い技術を必要とするため、値段も高くなってしまう

 

 

デタッチャブル(ボルトオン)の種類

デタッチャブルには、2つの種類があります。

 

これは、プレートがあるか、ないかです!

 

これにも名称がついており、

 

オールアクセスジョイント(なし)(ネジのみで固定)

プレートジョイント(あり)

 

と呼ばれます。

 

ヒールの加工がしにくいデタッチャブルですが、

プレートがないことにより、加工はグンとしやすくなりました!

 

じゃあプレートを失くしたことによるデメリットは??

プレートの有無で頑丈性に違いは生まれません!

 

ただし、

柔らかい木材をボディに使っている場合、

ボルトがめり込んでしまうので、プレートを使った方が、

ボディへのダメージが少なくて済むのです!

 

デメリットというか

ボディのことを考えるとプレートがあった方がいいんです!

 

ボルトの本数も、4本だったり3本だったりしますが、

加工精度が高いほど、ボルトの数は少なくてもよくなります。

 

 

 

ご覧いただきありがとうございました!

 

あめ