楽器文庫

ギターやドラム、アーティストなど音楽に纏わる記事を書いています!

【初心者向け】ギターの種類と形と特徴を覚えて欲しいギターを見つけよう!

 

バンドを組みたい。音楽を作りたい。楽器を弾きたい。

理由はともあれギターに初めて触れた時は高揚感がありますよね。

ギターを始める前に、ギターのことをちょっとだけ知っときませんか?

 

目次

 

ギターとは

 

まず『ギター』の事を掘り下げましょう。

ギターとは、指やピック(弦を弾くための小物)で弦を弾くことから『撥弦楽器(はつげんがっき)』と呼ばれる楽器の一つです。

なので、ベースも同じ撥弦楽器に分類されることになりますね。

 

よく似た形にヴァイオリンがありますがヴァイオリンは、弓で擦りながら弾くので、『擦弦楽器(さつげんがっき)』と呼びます。

バンドに欠かせないドラムは言うまでもなく『打楽器』の仲間ですね。

 

そして実は、ピアノも弦楽器の仲間なんですよ!

詳しくはこちら☞ピアノも弦楽器?!ピアノとギターには深い関わりとは?

 

ギターといえば、バンドマンのイメージが強いかと思いますが、

クラシックやJAZZなど、多彩なジャンルで広く使われているのが『ギター』です。

それだけ、音の表現できる幅が広く汎用性の高い楽器なんですね。

 

そんなギターですが

大きく分けると2種類に分かれます。

 

  • エレキギター(ソリッドギター)(通称:エレキ)
  • アコースティックギター(通称:アコギ、アコス)

 

両方聞きなじみのある単語じゃないでしょうか?

エレキギターが、いわゆるロックや、メタルなど

アコースティックギターが、弾き語りや、クラシックなど、によく使われています。

 

簡単に表にするとこんな感じですね。

エレキやアコギの中には更に種類が分かれていきますがそれはまた後で。

ギターの種類早見表

ギターの種類早見表(自由に保存してください)

 

大まかにいうとエレキとアコギの2種類に分かれていることが分かりましたが

ではこの2つの特徴とはどんな感じなのでしょう?

 

エレキギターとは

【エレキギターの特徴】

  • 電気を使っている
  • アンプに繋がないと本領発揮されない
  • 生音は小さめ(聞こえる程度)
  • 音のバリエーションが豊富

 

エレキギターの『エレキ』とは、オランダ語で「電気的な~」と言う意味の『エレクトリック』の略称です。(エレクトリックがなまって『エレキテル』とも言われたりします。)

つまり『電気的なギター』=電気を使ったギターのことですね。

 

エレキギターには『PU(ピックアップ)』と言うエレキ特有のパーツがついています。PUは音を増幅させたり変化させたりすることができる装置なのですが、そのために電気を必要とします。このPUが付いているからエレキギターなのです。

 

エレキギターの特徴としてアコギとは違い、そのまま弾いても大きな音は出ません。

アンプに繋ぐことでようやく大きな音を出すことができるのです。

生音(アンプに繋がない場合)は小さいですが、自分にはしっかり聞こえるレベルです。

なので、自宅で弾きたい時や、大きな音が出せない状況でも弾くことができるのは大きなメリットでもあります。

 

そしてエレキの最大の強みは音のバリエーションの豊かさです。

アンプに繋ぐだけでも、綺麗な音(クリーントーン)や歪んだ音など様々な音を出すことができます。

エフェクターと呼ばれる音をさらにいじれる小物もあり、ギタリストの数だけ音が存在するんです。

f:id:ame_fure:20190921131427j:plain

エレキギター

アコースティックギターとは

【アコースティックギターの特徴】

  • 電気を使っていない
  • 中の空洞に反響させて大きな音を出す
  • アンプなど余分な機材がいらない
  • とても軽い

アコースティックギターとはエレキの逆で電気を使わないギターのことを差します。

電気を使わなくても、十分に大きな音が出るような作りになっていて、アンプに通さなくてもいいため、どこでも手軽に弾くことができ、重量も軽く、値段も比較的安価に購入することができるのが大きなメリットでもあります。

 

見た目も特徴的で、ボディに大きく穴(サウンドホール)が開いており、中が空洞になっています。

その中の空洞に弦を弾いた音を反響させることで、大きな音がでる仕組みになっているんですね!

 

 

音量は、電気で増幅させていないのに大きく、賃貸や、自宅でも演奏すると迷惑になってしまうほどの音量が出ます。近隣の方々に迷惑にならないようマナーや時間帯には十分に気を付けて演奏するようにしましょう。

 

しかしその音の大きさから、ライブハウスやスタジオ、路上などでも機材を何も必要とせず、ギター一本で、まかなえてしまうのが嬉しいですね。

 

 

f:id:ame_fure:20191006170704j:plain

アコースティックギター

 

大まかにギターの2種類について理解できたかと思います。

しかし!!エレキの中にも、さらに種類が…

アコギの中にもさらに種類があるんです!

 

今回はエレキギターの種類についてもう少し掘り下げていきましょう。

 

ここから専門用語がたびたび出てきますので

ギターを構成するパーツ名が分からないよって方はこちらをご覧ください。

www.ame-fure.com

エレキギターの種類と特徴

 

エレキギターにはたくさんの形(ボディシェイプ)が存在します。

その形によって名前が付けられているので、一緒に見ていきましょう。

 

よく耳にするのが

  • テレキャスター
  • ストラトキャスター
  • レスポール
  • SG
  • フルアコ(セミアコ)
  • 変形ギター
 ここら辺を覚えておけば、
ギターの種類は100%分かったようなもんです!!(言い過ぎ)

エレキギターの種類1:~テレキャスター~

ソリッドギター(エレキ)の原点と呼ばれている形です。まさにエレキギターって形をしていませんか?
テレキャスターはFender社が1949年頃に制作したのが始まりで今でもいろんなメーカーから発売されてる人気モデルです。
FenderはGibsonと並ぶくらい有名なギターブランドなんですよ。
 
【テレキャスターの特徴】
クリーンな音
歯切れがよく、明るめのサウンド
チャカチャカしたような雰囲気
シングルコイルPUが一つ搭載
繊細な弾いた時のニュアンスが表現しやすい
 
 
 

 

 

エレキギターの種類2:~ストラトキャスター~

テレキャスターを進化させた、歪ませ向けのギターです。

テレキャスとは違い、『ピックアップ』や『コントロールノブ』を、ピックガードに装着してあることで生産効率が上がり、大量生産でき価格も安価になりました。

またハイポジション(17フレット目以降くらいの高い音の部分)が弾きやすいようにカッタウェイを深く改良してあります。

 

またピックアップも複数搭載されるようになりました。

これにより、音のバリエーションが格段にあがりシングルコイルPUの音もハムバッカーの音も2つをMIXさせた音なんかも出せるようになりました。

 

ちなみに『ハムバッカー』とは歪みに強く出力の高いピックアップのことです!

↓↓↓↓↓ピックアップについて詳しくはこちら↓↓↓↓↓

www.ame-fure.com

 

【ストラトキャスターの特徴】
音を深く歪ませても大丈夫
ハムバッカーを搭載しているものが多い
PUを複数搭載
PUのどれを鳴らすか選択できる
ハイポジションが格段に弾きやすくなる

 

 

エレキギターの種類3:~レスポール~

Gibson社から、1950年頃にFenderのテレキャスターに対抗して作られたモデルです。

ネックとボディが接着されているのが特徴で、太く甘い音が特徴のハムバッカーを2基搭載しています。

マホガニーにメイプルをあわせたプライ(層)構造と言う製法で作られています。

レスポールは今でこそ人気が非常に高いですが、発売当初は全く売れなかったそうです。

 

エレキギターの種類4:~SG~

レスポールの販売が落ち、モデルチェンジで出したモデルです。

見た目は特徴的な角が2本生えたような形をしています。

ボディはマホガニーのみ。薄めのボディです。

 

レスポールの名が、都合上使えなくなり、

SORID GUITAR の頭文字『SG』にと言う名前が付けられたそうです。

f:id:ame_fure:20190817165642p:plain

SG

 

 

エレキギターの種類5:~フルアコ(セミアコ)~

正式名称は『フルアコースティックギター(セミアコースティックギター)』です。

ん?アコースティックギター?エレキじゃないの?

 

いいえ。ちゃんとエレキギターの仲間です!フルアコ(セミアコ)にもピックアップが搭載されているし、アンプに繋いで音を出すのが基本です。

 

しかし、実は通常のエレキとは違いボディ内部が、空洞になっているです。

(通常のエレキには、空洞はありません)

通常のエレキギターが『ソリッドギター』と呼ばれるのは、『ソリッド(個体)』を意味しているからです。

アコースティックギターやフルアコは中に空洞があるので、個体とは判断されないようです。

 

 

二大ブランドは、GIBSONとグレッチ

JAZZといえば、フルアコと言われているので『ジャズギター』、他にも『ボックスギター』や『箱もの』とも呼ばれています。

 

ちなみに、フルアコとセミアコの違いは、言葉の通り

 

フルアコは、中が全空洞、

セミアコは、真ん中にセンターブロック(詰め木)があり、半空洞です。

 

 

 

 

エレキギターの種類6:~変形ギター~

先駆けは、GIBSON社が売り出しました。

それが、『モダーン』『フライングV』『エクスプローラー』と呼ばれる、変形ギター3機種が発売されたのが始まりでした。

通常のギターとは違い個性的な見た目をしていますよね!

 

まさにロック!!!

 

しかし特殊な形のため、座っては弾けなかったり

ケースも専用のものしか入らないなど、デメリットもちらほらあります。。

 

f:id:ame_fure:20191001212317j:plain

変形ギター

ギターの種類と形と特徴のまとめ

エレキギターだけでも種類がたくさんあり、とても紹介しきれないくらいです。

メーカーによって様々な形や、特徴、機能を持ったギターが続々発売されており、その数が計り知れません。

その中で自分が出会ったギターはそれだけで運命なのかもしれませんね。

 

自分のギターに愛着を持ってメンテナンスもしっかりしてあげましょう!

 

ギター カテゴリーの記事一覧

 

【NEW】アコースティックギターの種類も記事にまとめました!!

www.ame-fure.com