楽器文庫

ギターやドラムなど楽器に関わる記事をつらつら書いています!

【完全保存版】エレキ弦とアコギ弦の違いって?!弦の種類も一緒に覚えよう!

 

ギターの音を左右するのは、ボディの材?PUの種類?弦の太さや材質?

今あげたもの全部が音に影響を与えますし、まだまだギターの音を構成する部分は数多く存在します!

 

今回はエレキギターの弦について詳しく見ていきましょう!!

 

エレキギターの?弦はアコギも一緒じゃ?

 

※注意!!

アコギ弦とエレキ弦は全くの別物ですよ!!!

 

目次

 

エレキギターの弦の特徴

エレキギターの弦(というか弦と言う大きなカテゴリ)にはまず大きく分けて2種類存在します!

  • プレーン弦(単一素材)
  • ワウンド弦(芯線の外側に巻き線)

の2つです!

f:id:ame_fure:20191107223204j:plain

6,5,4弦がワウンド弦(左側3本)3,2,1,弦がプレーン弦(右側3本)

 

 

一般的にはエレキギターの

1弦2弦3弦にプレーン弦

4弦5弦6弦にワウンド弦が使用されています。

 

プレーン弦とはその名の通り、単一の素材で作られた鋼線のことを差します!

 

ワウンド弦とは、芯線の外側に巻き線を巻き付けた構造をした弦のことです!

芯線はプレーン弦を使用しその周りに、別素材で作られた線を巻いて作られています。

 

耐久性や生産効率、音程の安定感などはプレーン弦の方が有利ですが、低い音程を出すためには弦を太くしなければなりません。

弦を太くするとその分プレーン弦では、硬くなりすぎてしまい弦にとって大事な振動がうしなわれてしまいます。

 

硬くなりすぎないようにするために、芯線(プレーン弦)は一定の細さにし、太さを巻き弦で稼いでいるのです!

 

ここまでアコギ弦と同じです!アコギ弦同様に、プレーン弦とワウンド弦に分かれています。

 

ベースも同様にワウンド弦が使用されていますが、弦の太さがより必要になってくるため、巻き弦が2重3重になっていたりします!

 

エレキ弦とアコギ弦の違い

ズバリ!エレキ弦とアコギ弦の違いはワウンド弦の巻き線の材質です!

 

アコギ弦もエレキ弦同様に、プレーン弦や芯線には『ピアノ線』が使われています!

ですが、ワウンド弦の巻き線にはアコギ弦の時とは全く別の材質が使われているのです!

ピアノ線って?←クリック

 

↓アコギ弦の巻き線の材質についてこちら↓

アコギの弦の種類と選び方 - 楽器文庫

 

アコギ弦の時は、銅やスズ、リンなどを配合した合金が巻き線で使われていました。しかしアコギ弦の巻き線では、エレキには全く向いていないのです!

 

それは、エレキがマグネティックピックアップを使っているからです!!

マグネティックピックアップとは、言葉の通り

ピックアップに磁石を使っているということです!

(アコギにもPU付きのものはありますが磁石とは違った仕組みで、音を拾っています)

 

PUについてはこちらに詳しく書いています!

www.ame-fure.com

エレキギターのには、磁石を使用したPUを使っているので、弦は磁性体(磁石に反応するもの)でなければいけません!

アコギ弦の銅を含む合金では、磁石には反応しないのです。

 

なので、エレキ弦の巻き線には、磁性体であるニッケルやステンレスが使われています!

ニッケルが一番一般的で、ほとんどのエレキギター弦の巻き線がニッケルを使用しています。

弦のパッケージに『NICKEL WOUND』と記述がしてあることが多いですので、一度見てみて下さい!

 

『ニッケル』は錆に強く、加工もしやすいので重宝されています。

 

●『ステンレス』はその名の通りステン(STAIN:サビ)レス(LESS:否定の意)

サビに非常に強いのが特徴です!鉄とクロムの合金ですが、磁石に反応しずらい面も持っており、高級なステンレスになると全く磁石に反応しなくなります。

 

終わりに・・・

弦楽器と言うカテゴリは同じでも、弦の種類が大きく変わってきます!

当たり前ですがエレキには、エレキの弦。アコギにはアコギの弦をちゃんと張りましょう!