楽器文庫

ギターやドラムなど楽器に関わる記事をつらつら書いています!

ドラムスティックの選び方 ロックならオークがおすすめ~初心者向け~

 

ギターの事をいろいろ掘り下げていましたが

打って変わって(このギャグは天才)、ドラムの話をしたいと思います!!

 

 

ドラムを演奏する際にはスティックが必要ですよね!

今回はスティックについて掘り下げていきたいと思います!

 

目次

 

 

f:id:ame_fure:20190829220250j:plain

 

スティックの材木

 

まずスティックとは『木』で出来ています!!

そんなん見ればわかるわ!!と怒号が飛んできそうですが…

 

じゃあその材木は何か分かりますか?

使われている材木にも注目していくと木材でスティックが選べるようになります!

やはり楽器は木でできているものが多いですね!

 

スティックに使われる木材には大きく3種類あります。

 

  1. ヒッコリー
  2. オーク
  3. メイプル

 

いろいろな楽器や、家具などの材木として聞いたことある名前もあるんじゃないでしょうか??

 

ヒッコリー

程よい重量感と、硬さで癖がなく扱いやすいのが特徴。

3種類のなかで最もポピュラーで、初心者向けのスティックです。

 

オーク

質量が大きい分、音量、音圧を得やすいのが特徴。

最も重量があり、耐久性も◎

ロックなど、パワフルなサウンドを出したい人向けのスティックです。

 

メイプル

軽量で振りやすく、手数の多いプレイに適している

耐久性はあまりなく、折れやすい

ジャズドラマー向けのスティック。

 

スティックの名称

 

f:id:ame_fure:20190829220303p:plain

スティック各部の名称

言葉の通り

チップが叩くところ、ショルダーは緩やかなカーブのところ、グリップは握るところです。(この説明は、いらなかったですかね笑)

 

全長は400mm程度、太さは14mm~14.5mm程度が主流となっています。

 

チップの種類

ドラムの打面と直接当たり音を奏でる部分のチップには様々な材質、形状があります。

やはりそこには、その材質、形状でしか奏でられない、音が確かに存在します。

 

材質

ウッドチップ

チップ部分も、スティックの全体と同じく、木でできている。

丸みのある柔らかいサウンド

耐久性は△ 欠けやすいです

 

ナイロンチップ

スティックの先端に、ナイロン製のチップ

アタック感のある、ハッキリした音 打感も硬質

  

シンバルを叩いた時に、ナイロンチップだと、独特な硬質な音になります。

パワフルなプレイに最適。

値段も100円程度ウッドチップより高くなります。

 

先端の形状

ポピュラー・ティアドロップ型

細長い涙のような形状。

打面に対する角度によって、微妙に音色をコントロールできる。

f:id:ame_fure:20190829225157j:plain

ティアドロップ型

 

ボール・俵型・樽型

最もオーソドックスな円筒型

打点による音のバラつきが少なく、初心者向け

f:id:ame_fure:20190829225204j:plain

俵型

 

トゥルーラウンド・真円・丸型

均一なリバウンドと音粒が得られる

ダブルストローク等を多く使う、スピーディーなプレイに最適。

f:id:ame_fure:20190829225153j:plain

トゥルーラウンド


 

 

トライアングル型・円錐型

三角形に近い形状

叩く際の角度で、音が大きく変わるので、扱いが難しく、初心者には不向き

ジャズに多く使われる。

 

 

 

YOSHIKIモデルのスティックなど

有名なアーティストと共同開発されたスティックも数多くあります!

お気に入りのアーティストのスティックがないか調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

ご覧いただきありがとうございました!

少しでもドラムのことに興味を持っていただけると嬉しいです!

 

あめ