楽器文庫

ギターやドラム、アーティストなど音楽に纏わる記事を書いています!

【ギター】オクターブを知れば音楽が分かる?~ドレミをちゃんと理解しよう!~

ドレミファソラシドって知っていますか??

 

小学校で一番最初に習うのでほとんどの人が知っているんじゃないでしょうか?

当たり前にあるドレミですが

楽器や音楽の大前提として、知っておくことは大事ですよね。ギターをやっていく上でも、ドレミを理解しておくことはとても大事です!

今回は整理しつつ、掘り下げていきたいと思います!

 

目次

 

f:id:ame_fure:20190927234023j:plain

 

ギターのチューニングとは?

ギターと言うのは、弦を決まった音にチューニング(音を合わせる)ことで、安定した音を奏でることができます。

 

ギターのチューニングは開放弦(0フレットとも言う)

つまり、ギターの指板をどこも抑えない状況で弦を鳴らした音をチューニングしていきます!

 

弦楽器のチューニングは狂いやすく温度や湿度、時間などですぐに変化していくものです。弦を新しく張り替えたばかりの時は、1時間もたてば、チューニングが狂っていることは珍しくありません。

 

こまめなチューニングは音を安定させるうえで、とても重要になってきます。

ではギターチューニングの仕方も見ていきましょう!

 

まず、ギターのチューニングの基礎知識、弦をどの音にチューニング(合わせる)するかです。

6弦(一番上)から『E.A.D.G.B.E』

これはギターを弾くうえでは初歩中の初歩ですよね!初めてはこの英語の羅列も覚えにくいものです。何か自分流に覚えやすい当て字などを当てると覚えれますよ。

 

私が考えた『あめ』流覚え方も紹介します!

『いあどぐべ』(う~んこれはほんとに0点ですね笑)

いあどぐべ…。ただローマ字で読んだだけなんですけど、意外と覚えられます笑

 

ちなみにこの『EADGBE』を『レギュラーチューニング』と言います。

一番基本と覚えておいてください!

チューニングには『ダウンチューニング』と言う音程を下げたチューニング方法も存在しますが、今は気にしなくていいです!

 

ギターのチューニングは『チューナー』があれば簡単に行うことができます。

ギターを買うと付属でついて着たり、エレアコなんかではギターの機能についているもの存在します。

 

『ギターのチューニングとは?』のまとめ

  • ギターのチューニングは『EADGBE』
  • ☝これを『レギュラーチューニング』と呼ぶ
  • チューニングは狂いやすいのでこまめに合わせる

 

ギターとドレミの関係性

 

この『レギュラーチューニング』の『EADGBE』をドレミに変換すると・・・

『ミ.ラ.レ.ソ.シ.ミ』となります。『E=ミ』『A=ラ』の音と同じなんですね。

 

ちなみに

『  ド.  レ.  .   ファ.  ソ.  ラ.   シ.  ド』をギターの、同じ方式で表すと・・・

『C. D. E.  F .  G. A. B. C』となるんです。

ここら辺は、まずひたすら反復して頭に叩き込んどきましょう!

覚えといて損はありません!

 

そしてギターの指板(音程を決めて弾くところ)には単音(1つの弦だけ鳴らす)で押さえると☟これらの音が鳴るようになっています。

ギター指板表

ギター指板表

例えば、3フレット目5弦を抑えると『C』つまり『ド』の音が出るんですね!

(頑張って作成しましたので、自由に保存していただいて結構です!!)

 

このギターの指板表を見ると、単音での、ドレミファソラシドが見えてくると思います。

指板表の左の方を切り取り、ドレミに入れ替えたものです(下画像参照)

この場所が一番簡単にドレミファソラシドの音を出すことができます。

ギターのドレミファソラシドの抑え位置

ギターのドレミファソラシドの抑え位置

『ギターとドレミの関係性』のまとめ

  • 『EADGBE』をドレミに変換すると『ミラレソシミ』
  • ギターの指板表を見るとどの音がどこか確認しやすい
  • ギターでドレミを弾くなら上画像が初心者向けで弾きやすい

☞【劇的】一日15分の練習でギターが上達!?初心者が最初にやるべきステップ!

チューニングに関わる周波数とHz(ヘルツ)とは?

f:id:ame_fure:20191208132414j:plain

音には『Hz(ヘルツ)』と言ういわゆる『周波数』が存在します。

音の場合の周波数をもっとかみ砕いていうと、音の振動数ですね!

 

音っていうのはそもそも振動です!それが私たちの鼓膜を揺らし、聞こえています

その振動数を表しているのがHzになるんですね。

 

1Hz=1秒間に1振動

10Hz=1秒間に10振動 しているよ~ってことです。

 

振動が少ないほど、電波を多少の障害物に負けずより遠くへ伝えられ

振動が多いほど、電波を直線に(障害物には弱い)伝え、その分より多くの情報量を伝えられます。

 

振動が少ない場合(30Hz~30MHz)は、

電波の伝わり方が安定しているので、ラジオやTVなど

振動の多いもの(30MHz~3GHz)は、

情報量の多く、一カ所に送るような、衛星や、レーダー、無線LANなどに使われています!

 

上記したものたちに比べるとギターなどのHzは低めで『440Hz』で合わせます。

(理由はピアノが440Hzで調律しているため)

 

チューナーの中にはHzが表示されていたり、調整できるものもあるので、

自分のチューナーを確認して、ずれていれば440Hzに合わせてあげましょう!

チューナーにHzが表示されている

チューナーにはHzが調整できるものもある

 

『チューニングに関わるHz(ヘルツ)とは?』のまとめ

  • Hzとは周波数=音の振動数
  • そもそも音とは振動の事
  • ギターはピアノと同じ440Hzに合わせてチューニングする

オクターブとは?意味と音の違い

 

ギターをやっていると、「オクターブずれた音」とか、「オクターブチューニング」などオクターブと言う単語を聞く機会が増えていきます!

『オクターブ』って聞いたことあっても、意味はよく理解しずらいですよね。

 

まずはオクターブの意味を理解しましょう。

 

オクターブとは、ある一定の法則に当てはまる音のことを言います。

例えば『ド』を鳴らした時に、1つ高い(又は低い)『ド』が

1オクターブ違う『ド』にあたります!

 

レミファソラシの最初の『ド』と最後の『ド』

音の高さは違うけど同じ音程の『ド』ですよね!

それは1オクターブ高い『ド』になるのです。

 

つまりドレミファソラシドで見ると、

右に7個ずらした音が、1オクターブずれた音

14個ずらした音が、2オクターブずれた音になります。

ドレミのオクターブのずれ方

オクターブのずれ方

しかし音階には12個に分かれた半音単位の考え方も存在します!

(うぅ…ついてこれてますか?私は限界が来そうでした。。)

ドレミの12音

ドレミの12音

 これは、半音ずつ音がずれていった時の考え方です!

『ド』の半音ずれは、『ド#(レ♭)』で、

『ミ』の半音ずれは、『ファ』になります。

 

『ファ』??『ミ#』じゃなくて??

 

実は『ミ』と『ファ』、『シ』と次の『ド』の間には

#(♭)は存在しないんです!

 

『ミ』の半音ずらした音が『ファ』に当たるんですね!!

『ド』と『レ』は、半音2つ分ずれていることになりますよね

半音2つを『全音』と呼び、全音ずれていると言います。

 

話はそれましたが

つ・ま・り、

最初の『ド』から半音を12個ずらした『ド』がオクターブ違いになるのです!

 

ちなみに

『ド#』と『レ♭』など、同じ音階の中でも違う表記のあるものは、

厳密にはやはり違う音なのですが、ピアノの盤面でそれを表現するととんでもない数の鍵盤の数と複雑さになってしまうそうです。。。

 

つまりオクターブ違いとは

7音または、12半音離れた音のことになります!

 

『オクターブとはなんだろう?』のまとめ

  • オクターブとは7音または12半音ずれた同じ音程の音
  • 『ミ』と『ファ』『シ』と『ド』の間には#(♭)は存在しない
  • #と♭も厳密には違う音

ギターとオクターブとドレミの関係

ギター指板表で見るオクターブずれた音

ギター指板表で見るオクターブずれた音

今までの説明で、ギターのEADGBEとドレミの関係

オクターブの意味が分かったと思います。

 

そして、ギターでいうオクターブずれた音とは12フレットずれた音になります!

実は指板表の空白のところには『#(♭)』が入ります!

 

ギターの指板表も、よく見ると始まりが違うだけで

左からドレミファソラシドの順(CDEFGABCの順)に並んでいるんですね。なので間(空白)には半音ずれた音が入ります。(今回は見にくくなるので省略しましたが…)

 

つまり指板表で見る0フレ(開放弦=どこも抑えずに弦を鳴らす)の音は

CDEFGABCの順(間に半音)だけわかっていればチューニングが正しければ必ず決まっているので、

6弦なら『E』、一個すらせば『F』3個ずらせば『G#(A♭)』だよと言うのが

数えればわかるようになります!

 

指板表をわざわざ見なくても、順番ドレミがCDEなどのどれとリンクしているのかさえ覚えておけば、いつでもドレミの場所を確認することができますね!