楽器文庫

ギターやドラム、アーティストなど音楽に纏わる記事を書いています!

【解説】エレキギターに関わる電気の仕組みと基礎知識

 

エレキギターは正式名称が『エレクトリックギター』。オランダ語でエレクトリックは『電気的な~』を意味しています。エレキはエレクトリックの略称で使われています。

 

エレキギターの言葉の中に電気が入っているように、エレキと電気は切っても切り離せない関係にあります。電気知識の基礎をおさらいしながら、ギターに必要な電気知識を学んでいきましょう!

 

目次

f:id:ame_fure:20200103184934j:plain

エレキギターに出てくる大事な電気の基礎知識

一口に『電気』と言っても難しいですよね。『電気』とはすべての総称です。雷や静電気、電池による電気の発生など簡単に言うとすべてが電気と言う言葉で解決できます。

 

電気の中でも、ギターに関わってくる電気知識は電池を使った電気システムだったり、電磁誘導だったりアンプの出力の目安になる『W(ワット)』の意味だったりです。

 

1つ1つ見ていくために、まず、電気が流れる仕組みを見ていきましょう!

 

電気が流れる仕組み

豆電球に灯りをともらせた経験は誰しもがあるのではないでしょうか。豆電球から伸びた配線を電池の両端に繋ぐと電気が流れ、豆電球が点灯します。

この動作の中には様々な電気的用語が関係してきます。

 

豆電球が点灯するには、電気が働いてくれることで点灯します。その電気の仕事量のことを『電力』と言います。よく耳にする『W(ワット)』が電力の単位です。

 

電子レンジでも500Wとか600Wとかありますよね?より多くの電力を消費した方が、パワーも強まるため、豆電球で言うとより明るく点灯します。

 

電力とは『電気がした仕事量のこと』であり、それは『電圧×電流』ではじき出されます。

 

◆『電力』~W(ワット)~

  • 電圧×電流=電力で表され、電気がした仕事量の事のこと
  • 電圧が1万Vあっても電流が0なら電力も0になる。
  • 静電気は電圧が数千V以上あるが、電流が極めて小さいため電力は小さい。

では電圧と電流とは何なのか見ていきましょう!

 

電圧と電流とは?

◆『電圧』~Ⅴ(ボルト)~

  • 電圧とは2点間の電気的レベルの差『電位差』

 

『電流』~A(アンペア)~

  • 電気回路のある点を流れる電気の量
  • 電流は電圧は比例している

 難しくてよくわからないので、もう少しかみ砕いて説明しますと、、

 

『電圧』とは豆電球の仕組みで言うところの『電池』の部分に存在する用語です。

電池には『+』と『-』に分かれていますよね。簡単に言うとその+-には電気的なレベルの差(=電圧)があることを表しています。

 

そして電流とはその+と-をつなぐ回路を流れている電気の事です。

下図のように例えば、+が2V -が0.5Vとしましょう。

電圧と電流

電圧と電流

すると+と-には電気的レベルの差が1.5V生まれています。この両端を回路でつなぐと回路上に電気が流れます。その流れている電気の量を『電流』と呼び、単位が『A(アンペア)』になります。

 

つまりこの回路の電圧は1.5Vで、電圧と電流は比例しているので1.5Aの電流が流れていることになります。

 

電気の仕組みを水に例えて理解しよう!

それでもやっぱり小難しい話が多い上に、電気は目に見えない存在なので理解しにくいのが現状です。そのような時には自分でも分かりやすい物に例えてみましょう。電気を水に例えると分かりやすいです。

『電気』=『水』

『回路』=『水路』

『電圧』=『高低差』

『電流』=『水路を流れる水の量』

電気を水に例えた時の図

電気を水に例えると・・・

山の上にある水源から海にある水源に水を流したいとします。するとまず必要なのは山と海の水源を繋ぐ水路ですよね!水路がないと水は流れません。次に水路に水を流すためには、高低差が必要です。両方が同じ高さにあると水は流れませんよね。

 

そして流れ出した水路内の水分量が電流となるんです。高低差があればあるほど流れる水の勢いは増し水分量は増えます。逆に高低差がないと流れは弱くなりますから水路内の水分量は少なくなります。

  

水路がないと水が流れないように、電圧があっても回路がなければ電流は生まれません乾電池では両端に1.5Vの電圧が存在していますが、そのままでは電流は生まれていません。豆電球など何かと接続することで、回路が接続されたことになり電流が発生するのです。

 

☆ギターに必要な電気知識のまとめ

  • 電圧=V(ボルト)  +と-の電気的レベルの差(電位差)の事
  • 電流=A(アンペア) 回路を流れている電気の量 
  • 電力=W(ワット)  電圧×電流=電力で電気の仕事量
「電圧があるから電気が生まれ、そこに回路があるから電気が流れ電流が生まれ、それにより電気に仕事(豆電球が点灯など)が生まれ電力となります。」

 

 ギター用語でも欠かせない電気知識

ギターにも電気的な用語はたくさん出てきます。

 

例えばギターアンプの『W(ワット)数』。ギターに限らずアンプには『W数』が存在し、W数に応じて購入するアンプを選ぶものです。アンプのW数の違いとは「出力の大きさの違い」を表しています。

 

W数が大きければアンプの出力も上がりより大きな音が出るため、大きな会場やホールなどに向いたアンプになります。逆にW数が小さければ出力も小さいため、自宅や小さなスタジオなど使う場所が異なってきます。

☆合わせて読みたい!アンプのW数で見る選び方はこちら!

☞自宅用にギターアンプを買うときの選ぶポイント!

 

 アンプのW数も出力を表しているというより、電気の仕事量を表しているのがWなので、Wが高い物ほど「電気の仕事量も多い=出力が多い」となるんですね!

 

他にもエレキギターに欠かせない『ピックアップ』や『プリアンプ』なんかにも『V(ボルト)』がよく登場します。

ピックアップやプリアンプは「V」つまり「電圧」と絡んでくるので、豆電球の回路で言う電池的ポジションになります。これにはピックアップの仕組みを理解すると電池の意味が分かってくると思います。

☞ピックアップの仕組み

 

 ご覧いただきありがとうございました。