楽器文庫

ギターやドラム、アーティストなど音楽に纏わる記事を書いています!

アコギの音を決めるのはブレイジング!中にある骨組みの仕組みとは!

 

 

アコースティックギターの音を作っている要素はたくさんあります!

ボディ材、弦、弾き方、弾く強さ、ネックの材木、ボディの形や空洞の大きさ

その中でも前回は、弦の種類によってどう音が変わるかを見ていきました。

そんな中でもさらにアコギにはアコギ特有の音を左右する所があるんです!

 

レイジング』って知っていますか?

 

今回は、そのブレイジングについて、わかりやすく書いていきたいと思います。

 

 

目次

 

ブレイジングとは?

まず始めにアコースティックギターのボディは、トップ材(表面)とリム材(横側)とバック材(裏面)の3つに分かれています!

最初は別々の木材だったこの3つを繋ぎ合わせることで、1本のアコギは作られています!

アコギのボディの区切り方

アコギのボディの区切り方

そして

『ブレイジング』とはアコギのトップ板(表面)の裏についている骨組みのことを差します!

日本語では、『力木(ちからぎ)』と呼ばれます!

骨組み一本一本のことを『ブレイス』と呼び、そのブレイスが何本も重なり合って裏面にくっついているのです!

 

☟こんな感じの骨組みが、アコギの裏側についているのです!

 

 

ブレイジングがある理由

ブレイジングがある理由は、大きく分けて2つです!

それは『補強』『音の鳴りを良くする』役割です!

 

『補強』しなくてはいけない原因、それは『弦』なんですね。

ヘッドからトップのブリッジに張ってある弦の張力は強く、40㎏~50㎏くらいの力で引っ張られているのです!エレキギターのような中に空洞がなく単坂でできたボディならまだしも、アコギのように中が空洞でトップも薄い板一枚では、簡単にはがれてしまうのです。

 

トップの強度を上げるために、トップ材の裏側に、ブレイジングを施すことで、弦の張力に耐えうるようにしているのです!

 

そしもう一つの役割は『音の鳴りを良くする』です!

アコギは弦の振動をボディに共振させることで、音を豊かにし音量を上げています。

弦の振動をうまく与えやすくするのがブレイスの役割で、音の伝達板にもなっているんです

 

ブレイジングの形と種類の名称

アコギには欠かせない役割を持っているブレイジングですが、その形などによって名称が付けられています!

 

その中で一番主流なのが、X(エックス)ブレイジング』です。

『Xブレイジング』さえ覚えておけば正直大丈夫です!なぜならほとんどのアコギを作っているギターメーカーがこの『Xブレイジング』を採用しているからです!

 

『Xブレイジング』は、Martin社が、考案したブレイジング構造で、『ブレイス』が、真ん中付近で交差(X)しているのが一番の特徴です。交差したブレイスからそのままXブレイジングと名付けられました!

 

他にも『Vブレイジング(V字型)』『ファンブレイジング(扇状)』『ラティスブレイジング(格子状)』

など、種類もありますが、やはり『Xブレイジング』が圧倒的に多いです!

Xブレイジングの交差したブレイス

ブレイスが交差している

 

 

ギターや、メーカーによって、交差させる位置は様々で、上の方に持ってきたり、下の方に持ってきたり微妙な位置のずれで音も変わってきます!

またこの交差の位置で強度も大きく変わり、昔は上の方に交差がありましたが、太い弦を好む人(音量UPのため)が増えたことにより、従来の交差位置ではトップが張力に負け剥がれてしまうことが多発したため、張力に耐えうるように

 

一番負担がかかるブリッジ部分に交差を持ってくることで解決しました!

 

ブレイジングによる音の変化の大きな部分は

交差点の下にある2本の『トーンバー』と呼ばれる部分が大きく関係しています。

 

Xブレイジングの構造

Xブレイジングの構造

ボディ内部から見たトーンバー

ボディ内部から見たトーンバー

ここを自分で、カンナや、サンドペーパー等で削って音を調整する方もいますが、

自分の好みの音に調整するのは至難の業です!

 

また削りすぎると、強度が落ち、ボディの破損の原因にもなってしまいます。。

削ることはそうそうないとは思いますが、やるときは自己責任でお願いします。

 

 

 

 

スキャロップドブレイジング

高めのギターに多く見られる加工技術です。

ブレイスが、波状に削り取られているのが特徴です。

 

この技術は、指板などでも、たまに見かける技術です。

 

削り取ることにより、軽量化だけでなく、音の立ち上がりがよくなるのと、

弦を弾いた直後の音(アタック音)が大きくなります。

 

音の伝達を殺しすぎないため、軽い振動でもボディ全体が響いたような

サウンドを得られます。

 

 

波状に削る理由は、全部削ってしまうと強度がガクッと落ちてしまうため、

支柱になる部分を残すことで、強度を保っている。

f:id:ame_fure:20190910222413p:plain

スキャロップドブレイジングのブレイスを横から見た図

 

 

逆に、ノン・スキャロップ(普通の)は、

サステインが長く、アタック音が小さくなります。

 

 

他にも、ヤイリギターでは、

ブレイスに、穴を開けて軽量化を図った

エアリーブレイジングという、技術も開発されました。

 

これにより、今までにない歯切れの良さと爽快な音が実現しました

 

普段はなかなか、見ることさえできない部分が、

アコギの音に大きな影響を与えているんですね!

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

あめ