楽器文庫

ギターやドラムなど楽器に関わる記事をつらつら書いています!

ギターバッグを買うならセミハードケースがおすすめ!

 

私がギターバッグでおすすめするのは

『セミハードケース』です!!(ドーーーン!)

 

目次

 

 

初めに・・・

 

スタジオやレッスンなど、ギターを外に持ち運ぶことって意外と多いですよね!

まさか、ギターをそのまま裸で運んでるひとなんていないですよね笑

いや、これは逆に最高にロックなのか?(錯乱)

 

いやいや、それはギターさんにとっては危険でしかないですよね!

どこかにぶつけるかもしれないし、触られるかもしれない。

雨が降ってきて、濡れてしまうなんてことも。。。

 

じゃあどうするか、バッグなど、衝撃から守れる物に入れますよね!!

そもそもギターなどを店頭で買うと、バッグも付属でついてくるんですけどね!

 

そんなギターを守ってくれるバッグにも種類があります。

でも私がおすすめするのはセミハードケースですね!!

 

価格も手頃で、頑丈さと持ち運びの軽さ、デザインの豊富さから選んでも

一番いいと思います!!

名前だけ聞いてもわからないと思うので、それぞれの特徴ともに

見ていきましょう!

 

f:id:ame_fure:20191006165234j:plain

 

ギターバッグの種類

 

ソフトケース

ナイロン製で作られることの多いペラペラのギターの形をしたバッグです。

これは、メーカーにもよりますがほんとにペラペラです笑

 

初心者モデルや、安めのギターなどについてくるバッグですが、

「客なめてるのかな?」ってくらいペラペラのところもあるくらいです(´・ω・`)

 

ギターを入れていないと形を保てないため、頑丈性は皆無ですが

容易に折り曲げることができるため、家で保管する際には場所を取らない分という大きなメリットもあります!

 

衝撃には弱く、比較的破れやすいナイロン製バッグですので

これは、ギターの保護というより、「持ち運べるよ~」ってことだけに特化したバッグだと思って使った方がいいかもしれません!!

 

f:id:ame_fure:20191006170026j:plain

ナイロン製のソフトケース

 

セミハードケース(ギグバッグ)

緩衝パッドを加えて、ギター保護能力を向上させたバッグです!!

(名前だけケースとついていますが、ようするにしっかりしたバッグです)

やっと、守ってくれるようになりましたね笑

 

これは、ギターを入れていなくてもバッグが形を保っており、頑丈さがうかがえます。

ネックピロー(ネックレストともいう)というネックを支える枕も付属してついていることが多く、入れたときに中で暴れる可能性が大幅に減少しました。

 

f:id:ame_fure:20191006170144j:plain

ネックピロー

 

また物にもよりますが、ナイロン製よりポケットの数が多いものが多く、

ピックや、楽譜、替え弦など、用途にあわせて、ポケットを使い分けることも可能ですね!

(中には一つのものもありますが!)

 

これは、中価格帯~高価格帯まで、多くのギターに付属してついてくるのはもちろん

ギグバッグが一番おまけではなく、売りとして発売されているんではないでしょうか!

価格も4000円~くらいで、お手頃に変えるものも多く、

軽いものや、おしゃれなデザイン、カラーバリエーションも豊富で多種多様なものが売られているため

個性も出しやすく町を歩く際のファッションとしても選べますね!

 

 

また、メーカーによっては『防水バッグ』も発売されており、

雨の日に大活躍すること間違いなしです!防水バッグは、バッグ本体部分の撥水加工はもちろんチャックの部分も、しっかり雨が入りにくい加工が施されているので、

ギターを雨からしっかり守ってくれます!

しかし、その分お値段は高くなり1万円くらいになってきてしまいます。。

 

「1万円もバッグに払いたくないよ~」ってかたには、

ギター用の『レインカバー』も各メーカーから発売されているので、

それを装着するのがいいかもしれません!

 

ですが、レインカバーはあくまで本体側にかぶせるタイプなので、

ショルダー(肩掛け)まではレインカバーでは補うことができません。

ショルダー部分が濡れるのが嫌な方は完全防水バッグをお勧めします!

傘を差してたらそうそう濡れないですけどね笑

 

 

f:id:ame_fure:20191006170108j:plain

セミハードケース(ギグバッグ)

ハードケース

これは頑丈性にステータスを全振りした防御力MAXの

ビックシールドガードナー(ATK100/DEF2600)のようなもんです(違います)

 

なんといっても耐久力が違います。素材は樹脂や木材を使って作られることが多く

アコギなら、形を模したハードケースが多く、エレキなら長方形のハードケースがよく見られます。

 

デメリットとしては、重量があるため、持ち運びは少し大変になってしまうのと

取っ手はついていますが、ショルダーがついていないので、背負うことができないため

手で持つか、キャリーなどで引くかしかないので片手は絶対にふさがってしまいます。

 

また、メーカーによってハードケースの中の形(ギターを収める所)が違うので

入るものもありますがギターと同じメーカーのハードケースを選ばなければならなかったりするため、購入の際は、入るかの確認を忘れないでください!!

 

ハードケースも、ハイエンドモデルになってくると、付属してついてきますので、

わざわざ買う人は少ないかもしれません!

 

f:id:ame_fure:20191006170704j:plain

ハードケース

 

終わりに・・・

付属してついてくるバッグにはメーカーのロゴが印刷されている物も多いです。

ソフトケースでも、Gibsonだったり、fenderだったりが入っているので

見た目はかっこいいですよね!

基本的に無難な黒色が多いです

 

それにしてもメーカーのロゴってかっこいいですよね!

fenderやIbanezはユニクロさんともコラボして(UTでしたっけ?)

Tシャツも出していましたし、そういうグッズも増えてくると欲しくなりますよね!

 

ご覧いただきありがとうございました!

 

あめ