楽器文庫

ギターやドラム、アーティストなど音楽に纏わる記事を書いています!

【簡単】フルアコとセミアコの違いと見分け方は中の空洞具合だった!

 

 

この前、楽器屋さんを徘徊していると、

「俺、セミアコとフルアコの違い聞いたのに何か忘れちゃった~」と言っているのを

小耳にはさみました…

確かにこの2つ名前を似ているし、実際何が違うのか見た目でもわかりにくいですからね!

今回はフルアコとセミアコの違いを分かりやすくまとめてみました!!

 

目次

f:id:ame_fure:20191201202927j:plain

 

フルアコ(セミアコ)とは

まず大前提にフルアコースティックギター(セミアコースティックギター)とは何かです!!

 

フルアコ(セミアコ)はアコースティックギターではなくエレキギターの仲間ですよ!!

アコースティックの要素を取り入れてはいるもののカテゴリではばっちりエレキギターに入ります!ピックアップも付いていますし、アンプに繋いで音を出すのが基本ですからね!

 

そしてエレキギターの中でもストラトやテレキャス…etcと種類が分かれますが私的に分けるとすると『ソリッドギター』『フルアコ(セミアコ)』にまず分けると分かりやすいです!

 

『ソリッドギター』とは中身が空洞になっていない一枚の木(少し語弊がありますが)でできたギターの事を差します!

そして『フルアコ(セミアコ)』はボディ内部がアコギ同様に空洞になっているですね!

 

アコースティックギターのようにボディの中が空洞になっている理由は、音を中に共鳴させて増幅しているんですね!するとアコギ特有の音になるんです!

このように共鳴狙いに中が空洞になっているボディのことを『共鳴胴』と言います。

 

つまり『ソリッドギター』とは空洞なしの単坂(共鳴胴ではない)

アコスやフルアコなんかは空洞ありの『共鳴胴』にカテゴライズされます!

 

軽くまとめて表にしてみましたのでこちらを見るとより分かりやすいかもしれません!

ギターの種類早見表

ギターの種類早見表(自由に保存してください)

☞ギターの種類と形と特徴を覚えて欲しいギターを見つけよう!

フルアコとセミアコの違い

フルアコ と セミアコ    の違いは

全空洞か   半空洞か    です!!!

 

もうここだけ覚えて帰ってもらえれば私は本望でございます…!

 

フルアコは、文字通り『FULL(最大限)』空洞と言うことでボディの中身はなにもありません!

一方セミアコは、センターブロック(詰め木)という木材が入っていることにより

『semi(半分や準)』空洞になるんですね!

 

なので、サウンドホール(ボディの丸い穴)から中身を覗けば、どちらなのか判断できちゃうんですね!

しかし!!!

覗かなくても、判断する方法が2つあります。

 

一見すればわかるフルアコとセミアコの見分け方

この2つに注目して見てみましょう!

1.ボディの厚み

2.テールピースの形

 

【ボディの厚み】

 

一般的にセミアコはボディが薄めに作られています!

逆にフルアコは、ボディが厚めに作られています!(薄めのフルアコもあるにはあるんですが…

 

理由としてフルアコは

アコースティック鳴りを特徴としているためアコースティック寄りの厚さ

 

セミアコは

ソリッドギターよりの特徴を備えているため、ソリッドギター寄りの厚さになっているんですね!

 

 

【テールピースの形】

 

まず、テールピース』とは、ヘッド側の反対(ボディの下側)で弦を止めている部分のことです。

エレキギターなどは、「テールピース」と「ブリッジ」が一体化しているものが多いです。

 

そしてフルアコとセミアコはテールピースの形が異なり名称も異なります!

 

フルアコ・・・ブランコテールピース

セミアコ・・・ストップテールピース

 百聞は一見に如かず!まずは見てみましょう!

『ブランコテールピース』とはこんなの↓↓↓

f:id:ame_fure:20190905220723j:plain

ブランコテールピース

そして、『ストップテールピース』とはこんなのです↓↓↓

 

f:id:ame_fure:20190905221629j:plain

ストップテールピース

なぜ、テールピースに違いが出るかというと、、、

 

ストップテールピースは、トップ板にボルトをさして固定します

 

空洞のフルアコは、トップ板の下はすぐ空洞なのでボルトをさすところがないためボディエンド側で固定できるブランコ型のテールピース

中にセンターブロックが入っていて、ちょうどボルトをさせるセミアコは、ストップテールピースが使えるのです。

(ただし、セミアコでも、ブランコは使えるので、セミアコでブランコのパターンもあります。)

 

フルアコとセミアコの音の違い

中の違いや、見た目の違いだけでなく、音の鳴りにも違いは現れます。

 

フルアコは、強いアタック感があるが、サステインは短め   アコギよりの音

セミアコは、ボディ全体が振動するため、サステインは長め  ソリッドよりの音

 

しかし、ソリッドに比べるとサステイン(音の伸び)は短く、ハウリングも起きやすいのが事実です。

(ハウリングとはマイクなどが、キーーンとなるやつです。)

 

大きな音量に、大きなボディが共振してしまい、ハウリングが起きやすくなりますが、多少セミアコのが、ハウリングは抑えられています。

 

そのため、歪ませるサウンドを望む、ロックなどには向きません。

『ジャズギター』の別名をもつフルアコ(セミアコ)ですからジャズやフュージョン等に適しているのは言うまでもないですね!

 

 

エレアコとフルアコの違い

そしてフルアコセミアコと間違えやすいのが『エレアコ』です!

エレアコはフルアコセミアコとは大前提の種類が違います。フルアコセミアコはエレキギターの仲間でしたが、エレアコはアコースティックギターの仲間になります。

似たような名前なので混同しやすいですが、しっかり区別しましょう!

詳しくはこちらエレアコとフルアコの違いとは?

 

ギター カテゴリーの記事一覧