楽器文庫

ギターやドラムなど楽器に関わる記事をつらつら書いています!

エレアコとフルアコの違いはこれだけ!?

 

 

この前書いたエレキとはに引き続き今回は、

アコースティックギターについて、まとめていこうと思います!!

 

 

目次

 

f:id:ame_fure:20191010213622j:plain

 

アコースティックギターとは

ボディに大きく穴が開いていおり、エレキとは違い中が空洞になっているのが大きな特徴です。

その中の空洞に音を共鳴させることで、大きな音がでます。

自宅練習だと賃貸などでは、迷惑になってしまうほど大きな音がでてしまうので、

音量には注意しましょう!!

 

そんな『アコースティックギター』の中にも、3種類に分かれるんですね!!

 

  • フォークギター
  • エレックトリックアコースティックギター(エレアコ)
  • クラシックギター(ガットギター)

 

 

ちょっとややこしいんですが、

アコースティックギターという大きな枠組みの中に

この3つがあるイメージで大丈夫です。

 

しかし一般的に、アコギといえば、フォークギターをさすことが多いんですよ。。

なので、 アコギ=フォークギター の覚え方でも厳密には違いますがいいのかも知れません。

 

 

フォークギター

バンドや弾き語りで多く使われるタイプのギターで一番よくみるまさにあれです。笑

エレキよりも、太めの金属弦(スチール)がはられています。

手で押さえてみるとわかるのですが、エレキと比べると抑えている指が痛くなってきます

アンプにはつなぐことはできませんが、繋がなくても十分音がでます!

 

 

f:id:ame_fure:20190818133357j:plain

フォークギター

 

 

エレックトリックアコースティックギター(エレアコ)

アコースティックギターに電気信号に変換するPU(ピックアップ)を付けたギターです。

生ではもちろんのこと、アンプにつないでより大きな音や音色を変えることもできる優れものです!!

 

エレアコには、

サイド(ボディ横)に『プリアンプ・イコライザー』(音量、音質等を変化させる装置)がついているので、見た目ですぐわかります!

 

その装置に、チューニング機能も付いていたりして、チューナーいらずだったりするので、いいですよね!!

f:id:ame_fure:20190818135116j:plain

エレアコ

エレアコとフルアコの違い

 

よく、『エレアコとフルアコ何が違うの?』と疑問に持つ人が多いですが、

簡単にいうと、

 

アコギにエレキの要素を取り入れたのが、エレアコ

エレキにアコギの要素を取りいれたのが、フルアコ(セミアコ)

 

です!!

もちろん音もエレアコはアコギよりフルアコはエレキよりの音がします。

似たような名前で分かりにくいですが違うものなので、しっかり区別しましょう!!

 

クラシックギター(ガットギター)

その名の通りクラシックに用いられるギターです。

 

フォークとの大きな違いは『弦』です。フォークギターは金属弦でしたが、

こちらは、ナイロン弦(ナイロン製の弦)が使われているのが特徴です!(テニスのガットと同じ)

昔は、動物の腸(gut)が使われていたため、ガット弦とも言います!

 

☆見分けるポイント!!

 

  • 弦の巻き方
  • ヘッドの形

 

弦の巻き方にも違いがあり、

フォークギターなどは弦をボディ側から差し込み、ヘッドの部分で固定しますが、

クラシックギターは、ヘッド側から差し込み、ボディのブリッジ部分で固定します。

 

ヘッドの作りも大きく違いクラシックギターの方は画像のように

ヘッドに穴が開いていますので、見分けるポイントにしてみてください。

 

ちなみに、ガットギターにも、PUなどを搭載した

エレガットギターがあります。

 

f:id:ame_fure:20191010214301j:plain

ガットギター

 

アコースティックギターにも各部品の名称がついています!

合わせて覚えましょう!!↓↓↓↓↓

www.ame-fure.com

 

アコギのボディ形状

 アコースティックギターには大きく分けて二つのボディ形状があります。

 

  1. ドレッドノート(くびれが少ない)
  2. フォークシェイプ(きゅっとくびれている)

 

ドレッドノートは、マーチン社が制作した大きめのアコースティックギターです。

大きいボディからそのまま大型戦艦(ドレッドノート)の名前が付けられました。

 

フォークシェイプにもサイズなどから、

OO(ダブルオー)

OOO(トリプルオー)

オーディアム

etc…

など様々な名称があります。

 

 

 

大きさがあるドレッドノートは、音量があり、力強いサウンドを持っています。

 

フォークシェイプは、音量こそドレッドノートには劣りますが、敏感で繊細な音を奏でてくれます。

 

ドレッドノートは、ロック系や、大きな場所での演奏向け

フォークシェイプは、ソロギターや、弾き語りに向いています。

 

あくまでも、特徴として、です。

楽器にはその個体にしか出せない雰囲気や、音がありますので、

ドレッドノートで、弾き語りしてる人も全然います。

 

そんなアコースティックギターですが、弦にもさまざま違いがあります!

気になる方はクリック↓↓↓↓↓

www.ame-fure.com

 

自分の気に入った音、見た目、触った感覚など、お気に入りのギターを使うのが一番

ギターライフを楽しむコツだと思います!

少しでも皆さんの、ギターを選ぶ時の参考になるとうれしいです!!